日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
HOME > Chinoma > ちからのある言葉【格言集・名言集】 > 人生や仕事における主要な関心は、当初の自分とはちがう人間になることだ

人生や仕事における主要な関心は、当初の自分とはちがう人間になることだ

ミシェル・フーコー

 ミシェル・フーコーの言葉を紹介しよう。ある本の冒頭でみつけた。彼がフランスの哲学者だと知ったのは、ずいぶん後になってからだ。とくに気になる言葉ではなかったし、そのときはさらっと読み流していた。しかし、時間が経ってからふたたび手に取りページを開いた時に、目に飛び込んできた。出会いというのは、そういうものだろう。すべてはタイミングなのだ。
 
 誰の言葉だったか、
 人生は小説を読むように振り返ることはできても、
 小説を編むようには生きることはできないという。
 
 人生、何が起こるかわからない。
 だれにとっても一寸先は闇。
 だからこそ、人は夢や希望をもつことができる反面、
 闇に恐れおののき、足がすくんでしまうこともある。
 
 偉人伝などを読むと、
「ああ、そこでそうするから、結局、ああいうことになってしまうんだ」とか、
「そうだ、そうすれば、ああなれるんだ」と、
 良くも悪くも客観的にその人物の人生を読み解くことができる。

 もう終わった過去の話だから。
 
 おそらく、神や仏の目には、すべての人間がそう見えているにちがいない。
 
 小説を編むように生きることはできないけれど、
 ときどき振り返って、これまでのストーリーを読み解くことはできる。
 どれだけ歩いてきたか、どうやってここまで歩いてきたかを。
 
 1年前、5年前、10年前と遡れば、
 当時とはあきらかに違う自分が今ここにいることに気づくはずだ。
 
 とりわけ何かを学んでいれば、なおさら成長の証が見えるはず。
 当時は知らなかったことも、今ならわかるだろうし、
 当時はできなかったことが、今ならできると自信をもって言えるだろう。

 

 もしも、自分の人生を小説にするとしたら・・・。
 どんな結末がいいだろうか。

 どんな人を登場させて、どんなストーリー展開だとおもしろいだろう。
 
 小説を読むと、多種多様な人生模様が垣間見える。
 同じように、生身の人間にも、人の数だけ物語はある。
 
 ときどき振り返って、スクリプトを組み立て直すのもいいかもしれない。
 人生に無駄なことなどひとつもないのだから、
 これまでの経験を生かしつつ、新しいストーリーを考えてみるのもいいかもしれない。
 
 でこぼこでも、くねくね曲がっていても、欠けたり物足りないものがあってもいいじゃないか。
 にんげんだもの。
 それぞれだもの。
 

 みんなが同じだったり、なんのへんてつもないストーリーなんて味気ないし、おもしろくもなんともない。

 喜怒哀楽あり、滋味溢れるものがたりって、ちょっといいかも。

 

「美しい日本のことば」連載中

「日日是食日」連載中

(191202 第464回)

SPONSORED LINK

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ