多樂スパイス

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

夕映えの勇姿

2011.05.19

 今年1月14日付けの本ブログにおいて、私は重大な秘密をカミングアウトしてしまった。“つ、つ、ついに盆栽の世界に” というタイトル通りの危険な秘密を。

 私が初めて手をつけたものは小さなケヤキで、高さ20センチ弱、樹齢は約20年。太い幹周りと枝のバランスは、窓越しに見えるケヤキの大木(多朗と勝手に命名)をそのまま縮小コピーしたかのようである。

 買った日に「夕映え」と名付け、4月1日、初めて1ミリ程度の葉っぱを確認したこともその後のブログに書いた。

 それから1ヶ月半。どうです、見てください、この勇姿! 細い枝に比べて、こんなに大きな葉っぱ。支えられなくて、垂れ下がるほど大きな大きな葉っぱがわんさと繁った。

 拍手喝采を雨あられと降らしてやった。

 「すごいぞ、すごいぞ、夕映え!」

 1月の姿(右下)と比べると別人のようである。

 

 「そりゃあ、時期がきたから葉が繁っただけじゃないか」という人もいるにちがいない。

 しかし、私に言わせれば、それこそ思考停止状態。時期がきたから葉が繁るという考え方は、脳みそがまったく動いていない証拠だ。残念ながら、今の世の中、とても重大なことは既定のこととしてあらためて顧みられず、その代わり、くだらないことに意識が集中し過ぎている気がしてならない。

 広大な宇宙の秩序、超細密な遺伝子の構造……、世の中にはわからないことばかり。しかし、その秩序があってわれわれは生きている。

 この1年8ヶ月、田口先生の下で『老子』を学ばせていただいているが、そういうことを考えるきっかけにもなった。その結果、以前にもまして精神衛生がいい。以前からそういう傾向があったが、些末なことなどどうでもいいと思えるようになった。現代人のほとんどは、やらなくてもいいことに無駄なエネルギーを使い、煩わされなくてもいいことに朝から晩まで煩わされている。ぐーんと視点を離れてそういう人間模様を見ると、じつに滑稽である。

 その桎梏から放たれるための有効な方法を植物たちは教えてくれている。

(110519 第252回 写真は現在の夕映え)

 

 

 

 

 

ADVERTISING

ココロバエ

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ