多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 桜とともに合掌

桜とともに合掌

2011.03.18

 被害の全貌が明らかになるにつれ、おびただしい犠牲者の数に戦慄を覚える。万を越える数の人が、一瞬にして命を奪われるなんて……。数字で「万」と聞いてもリアリティーがないが、一人ひとりにそれぞれの人生があったはずだ。

 まだ生まれたばかりの子もいただろう。ようやく歩き始めたばかりの子も、もうすぐ卒業する子も、社会人になったばかりの若者も、結婚したばかりの夫婦も、子どもを産んだばかりの母親も、バリバリ働き盛りの人も、老後を穏やかに暮らそうと思っていたお年寄りも……。

 そういう人たちとともに暮らしていたペットも、その人たちに面倒をみてもらっていた植物も、田植えを待つばかりの田んぼも、海の恵みを運んできてくれた漁船も、多くの人が営々と築いてきた町並みも、一瞬にして消えてしまった。

 

 いつも私たちに多くの恵みを与えてくれる自然がなすこととは到底思えないが、これもまた自然の理なのだろうか。

 いったい、今回の出来事にはどんな意味があるのだろう。残された私たちは、何を酌み取るべきなのだろう。

 とてつもなく大きな宿題であると思う。

 私は常々、地球も宇宙という生命体の一部であり、それが身近なところで顕現しているのが植物だと思っているということは、すでに何度も書いてきた通りである。だから、今回の出来事も、「単なる自然現象」とは考えない。地震の発生を科学的なメカニズムだけで解明しようとすることにそもそも限界がある。かといって、石原氏の言うように、単に「天罰」として片付けていいものではない。そもそも天罰であるなら、向けられるターゲットがちがう。

 

 今回亡くなった方々は、あの出来事がなければ、もうすぐ桜を見られたはずである。だから、せめて桜の写真とともにあらためて哀悼の意を表したい。

 合掌。

 

(110318 第237回 写真は新宿御苑のソメイヨシノ ※昨年撮影)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ