多樂スパイス

美しい国へ

2011.02.27

 先日、衆議院議員会館で安倍晋三元総理大臣に取材してきた。次号の『Japanist』に掲載するためである。

 昨年の終わり頃、都内の天ぷら屋で安倍氏とごいっしょする機会があった。

 一度国家のトップに上り詰めた人だが、まったく驕ったところがなく、態度はジェントルマンそのものだった。そのわりに信念は強く、やっぱりこの人は保守本流の人だと思った。次は取材で会いたいと思っていたのだが、はからずもこんなに早く実現してしまったというわけ。

 安倍氏の著した『美しい国へ』と山田宏氏の『「日本よい国」構想』は、私にとって政治家が書いた本の双璧となっている。いずれも日本に対する愛情、そして「日本をこうしたい」という思いに溢れている。自分の利得にしか興味のない政治家がゴマンといるが、その中にあって彼らの大志はひときわ煌めきを放っている。

 

 「美しい国」。

 いい表現だ。当時はわかりにくいと批判されたが、それをわかりにくいと批判する人の頭をかち割って見たいものだと思っていた。データとして計数化されないとわからないというおバカさんの頭はどうなっているのだろう、と。

 理念というものは感性に訴えるものだ。感性でしか理念は示せない。その理念が定まったとき、そこに至るアプローチの具体案として初めて科学的根拠として計数が出てくる。

 会社もそうだろう。会社の理念は? と問われ、年商○億円です、と答えているような経営者はいない。いたとしても、そういう会社はすぐに市場から退場を余儀なくされる。

 国家ならなおさらのことだ。『美しい国へ』には外交・安全保障、教育、憲法、靖国問題(実際に靖国問題という問題はないが)、年金、アジア情勢について詳しく書かれているが、年金の項目以外は全面的に賛同できる。

 

 日本の政界は近いうちに必ず再編が行われる。いや、行われなければ破綻に行き着く。

 その時のキーマンの一人が安倍氏であると私は思っている。

(110227 第232回 写真は取材風景。撮影:林渓泉)

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ