多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > ロダンとクローデル

ロダンとクローデル

2011.02.19

 印象派の作品が「これでもか!」というほどコレクションされているパリのオルセー美術館は私の贔屓の美術館で、今までに4度訪れた。ルーブル美術館はキリスト教の宗教画ばかりで、途中から美術鑑賞というより苦役にしか思えなくなるが、オルセーはほぼまんべんなく楽しめる。かつてターミナル駅だったオルセー駅の駅舎をそのまま使用して美術品を展示するという大胆な発想といい、作品の展示方法といい、いかにもフランスらしい美術館である。

 そのオルセー美術館でもっとも印象に残っている作品は、といえば、吹き抜けの昇降階段の片隅にひっそりと展示されているカミーユ・クローデルの老女像だ。

 小さな作品である。

 しかし、それを見たときの衝撃は筆舌に尽くしがたい。おそらく、狂っていく自分の哀れな末路を表現したものだろう。懊悩が凝縮された、悲壮な彫像である。

 

 カミーユ・クローデルといえば、ロダンのモデルであり、弟子であり、愛人でもあった。ロダンは美しく有能なカミーユを長く愛し続けたが、やがてカミーユの精神が破綻してくると無情にも捨ててしまう。その後、カミーユはロダンを憎みながら作品を作り続けていくが、オルセーにあるその老女像はその頃の作品ではあるまいか。いずれにしても、私にとってはロダンのどの作品をも凌ぐ、もっとも印象に残る一体である。

 そういえば、『カミーユ・クローデル』という映画では、イザベル・アジャーニがカミーユ役を演じていたが、イザベルは狂った女の役が得意とみえて、『アデルの恋の物語』でも狂っていくアデル役を見事に演じている(アデルはヴィクトル・ユゴーの娘である)。

 

 人はなぜ狂うのだろうか。

 誰もが内に狂気を秘めているはずだが、それが顕現することはめったにない。つまり、かなり無理をしてその狂気を押さえ込んでいるということだろう。

 かつてプログレッシブロックのピンク・フロイドはそのことを『The darkside of the moon』という作品で表現していた。ロックがもっとも力をもっていた頃の一枚だ。今聴いても鳥肌ものである。

(110219 第230回 オルセーの老女像の写真はないので、静岡美術館・ロダンの間の『考える人』を代役にもってきた)

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ