多樂スパイス

夕暮れショー

2011.01.30

 半年ほど前から朝の日課のひとつに加わったものがある。You Tube でNHKのラジオ体操第1・第2を見ながら体操をすること。映像を見ながら、つま先や手の指先まで体操のおねえさんと同じように動かすと、結構な運動になる。その後、軽いストレッチ、ダンベルでの側筋、腕立て伏せ70回など、いくつかのメニューをこなし、『枕草子』の一節を朗読してからパソコンに向かう。難易度Aの原稿は朝のうちに仕上げることにしている。集中力を必要とするからだ。

 夕暮れから夜の帳が降りる頃にかけての日課もある。これは都内にいるときだけだが、部屋の電気をすべて消し、窓の外の景色を見るのである。

 ベランダのすぐ目の前は新宿御苑の林。葉が落ちた今は、木々の向こうに高層ビル群が見え、独特の夕暮れショーが演じられるのである。マイルスやコルトレーンなど、往年のジャズを小さな音で流し、ゆったりとした気持ちで風景の移り変わりを見る。

 私は春も秋も好きだが、じつは夏も好きである。昨年の夏は猛暑で、多くの人がさんざんなことを言っていたが、私は「夏なのだからこれくらい暑いのは仕方ないのではないか」と思っていた。一方、今までは冬が苦手だったが、最近は冬も好きになった。葉が落ち、木の幹やら枝の姿がくっきりとわかるようになり、春や夏とはちがった趣を味わえるのである。特に夕暮れ、日が落ちるとともに木の輪郭が明瞭に見えてくる時は鳥肌ものである。

——夕日のさして山の端いと近うなりたるに……

 清少納言も夕日がさしてきた後、山の姿が近づいてくる様子をそう描いている。おそらく驚きながら表現したものと思う。ついでに言えば、その数節後、「まいて雁などの連ねたるがいと小さく見ゆるはいとをかし」とつないでいて、遠近法を用いた風景描写のセンスには脱帽するばかりである。

 話は戻るのだが、この夕暮れから夜にかけてのリラックスした時間帯にさまざまなアイデアが湧いてくる。冷静にチェックすれば、大半はろくでもない妄想かもしれない。でも、時々「これはいい!」と思えるようなアイデアが降ってくることがあるのである。植物たちが手を変え品を変え、さまざまなヒントを与えてくれるのだろう。地球上にヒエラルキーがあるとすれば、私は植物こそが最上位にいると考えている。人間や動物たちはその下だ。

 思えば不思議なもので、都内にいるときの方が自然に触れている気がする。もちろん、都心にいて自然を感じられる場所など希少にちがいないが、そういう場所に巡り会えて幸運だと思っている。

 

 崩れゆく日本にあって自分は何ができるのか。

 これから自分がどういう風になりたいという願望はほとんどなくなったが、反面、我が国については心配で仕方がない。

 このまま次世代に引き継いでいいものか。

 もちろん、ノーだ。

 今、いろいろなことを考えている。

(110130 第226回 写真は部屋のベランダ越しの夕景)

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ