多樂スパイス

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

今がいちばん

2020.04.20

 かれこれ10年以上、小田急線の祖師ヶ谷大蔵駅を利用している(月に1回ていどだが)。師事している田口佳史先生の講義を聞くためだ。午前中、講義を聞いて近くでお昼を食べ、〝彼女〟に会いたくなると駅の西側にまわる。〝彼女〟とは駅前広場にある大きな桐の木。

 ところが、久しぶりに会いに行って愕然とした。伐採されていたのだ。

「またか」と思った。最近、あちこちでりっぱな樹が伐られているのを目にする。そのたび、痛ましい思いをする。

 桐の木があったところに案内板があった。「桐の木は老朽化により倒木のおそれがあるため、令和2年1月末に伐木しました。」とある。続いて、令和3年度の駅前広場整備の際には新たな桐の木の苗木を植樹すると書かれている。

 そういう理由なら仕方ないなとあきらめがついた。

 ふとウルトラマンの像が目についた。それまでは桐の木に意識がいっており、ほとんど私の視界に入っていなかったのだが、主役が消えたことによってかなり目立っている。

 少年時代を思い出した。私は怪獣ものが大好きで、「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「帰ってきたウルトラマン」を欠かさず見ていた。小学1年か2年の頃、かなり詳細な怪獣図鑑も作った。怪獣のスケッチの余白に怪獣の名前、出身星、全長、体重、得意技などを記した。自慢の図鑑だった。その後、「仮面ライダー」も欠かさず見たが、ローソクの火が消えるように興味を失っていった。

 そんな子供時代を思い出したのだ。

 だからといって、なんてことはない。私は昔を思い出して「あの頃は良かったなあ」と思うことがまったくない。皆無である。なぜなら、今の方が断然愉しいから。10代にも20代にも戻りたくない。

 今がいちばんいいと思えるって、案外幸せ者なのかも。

 

本サイトの髙久の連載記事

◆ネコが若い女性に禅を指南 「うーにゃん先生の心のマッサージ」

◆「死ぬまでに読むべき300冊の本」

◆「偉大な日本人列伝」

 

髙久の著作(オススメ本)

●『葉っぱは見えるが根っこは見えない』

 

お薦めの記事

●「美し人」最新記事 画家・岩井綾女さん

●「美しい日本のことば」

 今回は「零れ桜」という言葉。はらはらと舞い散る桜。零れ桜(こぼれざくら)です。日本人にとって、桜はもののあわれを誘う花。続きは……

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(200420 第986回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ