多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > お地蔵さんに心を映す

お地蔵さんに心を映す

2010.11.07

 最近、美術展とクラシックのコンサートにしきりに足を運んでいる。美術と音楽はいずれも私が10代の頃から熱中している分野だが、東京はもしかするとそれらの開催回数が世界で最も多いのではないかと思う。もっとも、パリは街の中に100ほども美術館がひしめいているので、企画展などやらなくても圧倒的に美術世界一だろうが……。

 

 私が好きな美術館のひとつに根津美術館がある。昨年、隈研吾氏が設計を担当し、新装なったが、収蔵品もさることながら(ちなみに円山応挙の『藤花図屏風』は私の好きな絵ベスト10に入る)、庭がいい。青山の一等地にあれほど広大な庭をもつこと自体、驚き桃の木山椒の木である(古い?)。

 この美術館は東武鉄道の社長などを務めた実業家・根津嘉一郎が蒐集した美術品を保存し、展示するためにつくられたが、明治時代、鉄道を手がけた実業家は巨万の富を得たのだろう。みな、とんでもないお金持ちになっている。

 と、それはともかく、根津美術館は何がいいといって、庭のあちこちにある地蔵さんがいいのだ。さまざまなポーズ、表情がまさに人の内面を表している。しかも、懊悩している姿ではない。穏やかな表情で、庭内を散策する人の心を和ませてくれる。それらを見て、自分の心の内を観照するのもいい。

 さらに、年月を物語る苔の生え具合が素敵だ。まさしく「無余無欠」(余るところなく、欠けているところもない)。こういうものは新設された美術館ではけっしてできないことである。

(101107 第205回 写真は根津美術館の庭にある地蔵)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ