多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 夢のある話に飢えていた

夢のある話に飢えていた

2010.10.24

 民主党政権になってから、夢のある話が皆無になった。では、自民党政権の時にたくさんあったのかと問われれば、「ノー」と答えるしかないのであるが、不幸なことに国民が夢をもてるような話は限りなくゼロに近くなってしまった。

 そもそも一国のトップが、その国に愛着を抱いていないという。自分が生まれた国の国旗や国歌に愛着を覚えていないと公言する人が総理大臣になっているのだから、国民の不幸はとどまるところを知らない。

 

 という状況にあって、的川泰宣氏の話である。刊行したばかりの『Japanist』第7号の巻頭の対談は、幸いなことに宇宙工学士の的川氏であった。

 なぜ、幸いなことか? 夢のある話ばかりだからだ。100%夢のある話だった。

 聞いていて心地いい。エネルギーをもらえる。日本は大丈夫! と思えてくる。今の政治家にもっとも欠けていることを宇宙工学士の的川氏が話してくれた。

 じつは、私はとんでもないくらいの理科音痴である。要するに機械オンチであり、数字の世界はほとんど理解できないと言って大げさではない。理解できるのはマクロ経済の概略と会社経営における経理だけだ。特に後者は好きではないが、必要上やむにやまれず理解するに至った。

 そういう人間にとって、的川氏の話は夢物語であった。一から十までこの世のものとは思えない話であった。

 いいなあ……。

 夢を語る人は目がキラキラと輝いている。そういう目に出会うと、こちらまで幸せになってくる。

 小惑星探査機「はやぶさ」は、世界初の偉業を7つも成し遂げたという。時速10万キロ以上の猛スピードで太陽の周りを公転する、長径わずか500メートルの小惑星に着陸し、サンプルを採取し、約7年かけて地球にそのサンプルを送り届けてくれた。自身は燃え尽きたが、サンプルの入ったカプセルは無事地球に届けられたのだ。宇宙先進国のアメリカでさえ、小惑星は写真撮影がせいいっぱいだった。それなのに、着陸までさせるとは!

 しかも、イオンエンジンというとんでもない動力を開発し、宇宙空間を7年も航行していたのだ。今後、惑星間の航行は日本のイオンエンジンが使われることになるという。開発したのは日本の若者だ。

「やるじゃないかニッポン!」。そう思わせてくれる。

 的川泰宣氏と中田宏氏の対談は、小社刊の『Japanist』第7号にて。

(101024 第201回 写真は、宇宙航空研究開発機構にある「はやぶさ」の実物大模型)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ