多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 松陰の講堂と豪華な庁舎

松陰の講堂と豪華な庁舎

2010.10.14

 前回に続き、松陰ネタを。

 これが松下村塾の玄関である。こちらは後に松陰が増築した部分だが、これと隣接し、8畳一室の講堂がある。木造瓦葺き平屋建ての小舎で、ここから幕末の風雲児が多数輩出されたとは信じがたい。塾生はなんと60人ほどもいたという。講義の時は、立錐の余地がないほど人がひしめきあっていたことだろう。

 結局、仕事は建物で決まるわけではないということを教えてくれている。鄙びた場所にある、この小さな講堂から有為の人物が羽ばたいていったのだ。

 

 さまざまな自治体の首長を取材する中で気づいたことがある。

 庁舎が立派な自治体はほとんどダメだ。一方、古い庁舎を大切に使っている自治体は、首長も職員もまともなところが多い(もちろん、一部例外もあるが)。

 こんなことは考えなくてもわかる。税金(=住民の浄財)を無駄遣いする感覚の集大成が豪華な庁舎だ。だって、庁舎が立派だからといって仕事ぶりが良くなるわけではない。むしろ特権意識ばかりが増長し、財政負担も増え、街の景観をアンバランスにしている。つまり、悪いことづくしなのだ。例えば、北関東3県の県庁舎はどこも分不相応に立派だが、これらは悪しき典型的な例だ。それらの元祖が東京都庁であることは言うまでもない。

 宗教団体もそうだ。豪華な建物を作るようになってくると怪しくなってくる。信者から税金のかからないお金をどんどん吸い上げ、本来の活動とはかけ離れた方向に向かうことが多い。人の心を救うのに、信者から集めた浄財を豪華な建築物に変える理由は毛の先ほどもあるまい。そうはわかっても、騙されてしまうのが人間なのかもしれないが……。

(101014 第199回)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ