多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 吉田松陰が現代に生きていたら

吉田松陰が現代に生きていたら

2010.10.10

 取材で防府市を訪れる機会があり、翌日、防府天満宮、国分寺、毛利氏庭園の後、萩まで足を伸ばした。

 日曜日だったこともあってか、萩の松下村塾跡地や松陰神社は人だかりだった。それも若いカップルが目立っていた。

 今、戦国ブームではあっても、吉田松陰は武将ではないのだから、ブームの対照ではないだろう。松陰が果たした役割はあまりにも大きいが、幕末〜明治維新という壮大なドラマの中にあってはいかんせん地味である。維新後の国政システムの構築も地味であるが、幕末の志士たちの思想的支柱であった松陰も“血湧き肉躍る”というドラマ性には決定的に欠ける。それでもなお、あれだけの人が松陰のおもかげを追ってあの地にいたということが嬉しい。しかも、萩は日本海に面した小さな町で、山口市からも防府市からも鉄道でつながっていない。車を持っている人ならいざ知らず、観光客にとって、かなり不便な地にあるということは否めない。そういう場所に多くの観光客がいたという事実が嬉しいのである。

 

 さて、吉田松陰の事績については『Japanist』第8号の「偉大な日本人列伝」に譲るとして、今回は「もし、今、松陰が生きていたら」という仮定の話をしたい。

 

 日本の政治は混迷している。なにもかもメチャクチャである。

 特にシナに対する日本政府の対応を見ると、ここまで人間は誇りを失えるものなのか! と驚くばかりである。よくもあの体たらくで舌をかみ切らないものだと呆れるばかりである。

 松陰が今、生きていたら、どう対応したであろうか。

●自らシナに密入国し、取り調べの場で尖閣諸島が日本固有の領土であることを訴える。

●教え子たちにクーデターを敢行させ、政権打倒の気運をつくる。

●自らが国会で証人喚問される状況を作り、国会で国民に向かって「決起」を呼びかける。

 などと、いくつか考えられるが、最終的には、“誇りある日本人の集合体”をめざし、政権を作ることを目指すだろう。

 と考えた時、今の国会議員の中で、それに足る人物はいるだろうか、というジレンマにぶつかる。

 当然、いない。

 では、誰か?

 いる、いる。在野にいる。自律反転運動に入った日本には、草莽の中に有為の人物がいるのである。われわれ国民は、それが誰なのかを見極める義務がある。

(101010 第198回 写真は、久坂玄瑞の発議で、塾生の松浦松洞が松陰の肖像を描き、松陰が「賛」をほどこした「自賛肖像」)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ