多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 豊国神社と豊臣秀吉

豊国神社と豊臣秀吉

2010.07.30

 前回、大阪城へ行ったことを書いたが、その後、ほんの少しだけ、豊国神社を訪れた。すぐ目の前にあったし、豊臣秀吉がうらめしそうな表情で私を見ていたので、無視するわけにはいかなったのだ。

 それにしても、自分を祀る神社の入口に、デーン!と自分の銅像が立っているあたり、さすがは太閤様じゃ。そのうえ、頭の部分から鳥の糞が垂れている。あまり誉められた姿ではないな。

 前回も書いたが、私は秀吉に好意的ではない。小学6年生の時、司馬遼太郎の『太閤記』2巻をワクワクしながら読んだことは鮮明に記憶に残っている。あの当時の高久少年は、完全に秀吉の機知と才略に魅了されていた。しかし、天下を治めた後の秀吉は、いったいどのような世の中にしたかったのだろう。そこんところがまったくわからない。結局、千利休はそういう点において、相当秀吉をバカにしていたのだと思う。利休はとてつもないセンスをもち、曲がったことができる男ではない(それでいて性格は悪そうだ)。結局、詰め腹を切らされたのは、秀吉の劣等感をいたぶったからにちがいない。

 

 もっとよくわからないのが、石田三成だ。秀頼を擁立して、いったいどのような国を創りたかったのだろう。淀君にまかせて、うまく治まると思ったのだろうか。

 わからない。三成のことも、子どもの頃は好きだった。司馬遼太郎の『関ヶ原』3巻を夢中になって読んだからだ。その当時は、家康というタヌキ親父が勝ったことが許せなかった。しかし、今では、「そうなるべきだった」という結論に落ち着いている。

 ただ、豊臣秀吉という人物の大きさは認めないわけにはいかない。

(100730 第182 写真は大阪市にある豊国神社の鳥居と秀吉の銅像)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ