多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 来年生まれてくる子も考える政治家

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

来年生まれてくる子も考える政治家

2019.07.19

 21日の投票日に向けて、選挙戦たけなわである。皆、必死なのはわかるが、どうも腑に落ちない。ますますポピュリズムの罠にはまっている気がしてならない。

「全国一律最低時給1500円」「消費税を5%に戻す」「一次産業の戸別補償を充実」「教育の無償化」……。

 巨額の財政赤字、進行する人口減少と高齢化社会など難題が山積にもかかわらず、「これもしてあげます、あれもしてあげます」といった政策ばかりだ。打ち出の小槌はどこにあるのだろう? なりふりかまわず当選したい。その一心はわかるが、あまりにも無責任である。一国民として愚弄されているとも思う。

 

 取材がきっかけで12年以上の交誼を結ぶ中田宏氏は、自民党の全国比例区で立候補しているが、彼の主張はいつも筋が通っている。なかでも感心するのは、「いつもマイナス1歳、マイナス2歳の人たちのことを考えて行動している」ということ。マイナス1歳とは来年生まれてくる子供のことを指す。

 言うまでもないが、日本という国はこれからもずっと続く。「今とこれから」のことを考えて、「今、自分たちは何をすべきか」を考えるのがまっとうな大人だと思うが、そういう考えを促す政治家はほとんどいない。

 中田氏の考えは、「死者に投票権を与えよ」というオルテガの思想ともかぶる。もちろん、死者が実際に投票するわけがない。過去に生きた人たちの叡智に学び、想像力を働かせて彼らの言い分を聞き、熟考のうえ投票せよということだ。

 矮小化する政治家に失望して久しいが、一方で中田氏のような政治家がいることに希望を見出してもいる。21日は投票用紙に「中田宏」と書いて、夜の吉報を待つことにしよう。

(番外編 190719)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ