多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 日本史の生き証人

日本史の生き証人

2010.05.02

 とうとう憧れのご老体に会えた。

 御歳約1500歳。大化改新以前から日本の来し方を見守ってきた老師である。

 岐阜県本巣市にある淡墨桜は、福島県三春の瀧桜、山梨県の山高神代桜と並び、日本三大桜と称される。

 今までに瀧桜と神代桜には会ったが、根尾谷の淡墨桜に会う機会を逃し続けてきた。この時期になって、ようやく念願が叶ったのも何か意味があるのだろう。

 

 どうですか、このごっつい幹周り。精強な筋肉が瘤になったような、たくましい、そして厳かな勇姿。幹周りはなんと10メートル近い。

 花のピークを過ぎているばかりか、悪天候にもかかわらず、じつに多くの面会人の姿があった。皆、一目会いたくて、わざわざ足を運んだのだろう。周囲には柵が設けられ、間近で会うことはかなわなかったが、むしろ遠巻きにその姿を拝む方がいいと思った。なんといっても、相手は日本史の生き証人なのだ。

 じつに気高い姿だった。気が遠くなるような齢を重ねた老体にむち打って、淡墨の花を咲かせている。

 

 帰り道、二両編成の樽見電鉄に乗って、あのご老体の命について考えた。なぜ、あれほど長きにわたって命を永らえることができたのだろうか。

 偶然の結果ではないことはわかる。なりゆきで1500年以上も生きられるわけがない。

 生きたいと思ったにちがいない。日本の行く末を、国土の真ん中から見守り続けたかったにちがいない。

 素晴らしい一期一会だった。おそらく、今後あのご老体と再会することはないだろう。

 しかし、あれほど強烈な印象を瞼に焼き付けられたのだ。

 じゅうぶんである。

(100502 第165 写真は淡墨桜の幹)

 

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ