多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 酔狂な人が多い社会へ

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

酔狂な人が多い社会へ

2019.05.15

 宮大工棟梁の小川三夫氏からの誘いで、長野県伊那市で開催された「全国削ろう会」を見に行った。

 削ろう会? と首をかしげる人もいるだろう。なにを削るのか、と。

 なんと、鉋(かんな)でヒノキ材を削る、それだけである。削り屑の薄さを競う、それだけである。

 ところが、それだけのために、全国から多くの人が集まってくる。今年は第35回。ということは、35年も続いていることになる。

 以前、私も鉋で木を削ったことがあるが、見た目ほど簡単ではない。少し力んでしまうと刃が深く入り込んで止まってしまうし、力が足りないと削り屑が切れてしまう。力の入れ方はもちろん、道具の状態など、あらゆる要素が高いレベルで噛み合っていないといい削りはできない。

 聞けば、この大会に参加する人は大工に限らないという。なかにはサラリーマンもいるというのだ。おそらく、そういう人は、会社から帰っったあと、ひたすら木を削り、刃物を研ぐなど道具の手入れをしていることだろう。

 うまくできたところで1円にもならないし、とくだん名誉なことでもない(と思う。そもそも、こういう大会があることを知っている人はほとんどいない)。それなのに、あれほど多くの人が真剣な面持ちで削っている。その姿を見て、「人間というのはオモシロイ生き物だ」とあらためて思った。

 案の定、そういうことに夢中になるのは男である。女の人は、基本的にそういう無駄なことはしない。

 男は何かがぶっ壊れているのだ。だから、「なんにもならないこと」に熱中する。鉋削りにハマった人の家族は、「いいかげんにして」とうんざりしているかもしれない。それでも、ハマってしまった男はあとに引けない。ひたすら削りまくる。そういうことを想像しただけで、笑みがこみあげてくる。「バッカだよなあ」と。

 みんなが合理的な生き方をしていたら、つまらない世の中になってしまう。バカなことをする人がいるから、世の中に潤いがもたらされ、ハンドルの〝あそび〟のようなものが生まれる。

 本来、男というものはそういう生き物なのかもしれない。それを枠に嵌めてしまうから、おかしなことになる。法律をはじめ、会社の規則など、年々細かくなるばかりだが、それがそもそも人間を不幸にする大本なのではないだろうか。

 

髙久多美男著『葉っぱは見えるが根っこは見えない』発売中

https://www.compass-point.jp/book/happa.html

 

「美し人」公式サイトの「美しい日本のことば」をご覧ください。その名のとおり、日本人の文化遺産ともいうべき美しい言葉の数々が紹介されています。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(190515 第901回 写真はいずれも鉋で木を削っている風景)

ADVERTISING

ココロバエ

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ