多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 平成最後の登山

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

平成最後の登山

2019.05.12

 平成の幕下ろしから令和の始まりにかけての10連休、あらかじめ予定があったのは筑波山に登ることだけだった。以前からそうだが、大勢の人が行楽地へ向かう時期は、努めて家でじっとしている。

 秋葉原からつくばエクスプレスでつくば駅へ。そこからバスで筑波山神社入り口まで行き、神社を抜けて登山道を歩く。

 思ったよりも急登だ。水はけが悪いのか、前日の雨が残っていて、足場がかなり悪い。1時間半くらいで御幸ヶ原に着く。着いて、人の多さに驚いた。やはり史上最強のゴールデンウイークである。

 展望台に登って関東平野を眺める。なるほど、この眺めがあってこその日本百名山なのであろう。登りながら、深田久弥はなんでここを100名山に選んだのだろうと疑問に思ったが、この眺望はほかの山では味わえない。

 その後、イザナミノミコトを祀っている女体山とイザナギノミコトを祀っている男体山へ登った。『古事記』に書かれた高天原がどこか諸説あるが、新井白石は常陸の国(現茨城県)と唱えている。その説が事実であれば、筑波山の両頂きにイザナギノミコトとイザナミノミコトを祀っているのは自然である。

 余談ながら、つつじヶ丘から女体山へ登るコースは大渋滞だったようだ。友人がその渋滞にはまった様子を下山してから聞かせてくれた。

 山に登る人が増えたことは、とてもいいことだ。御朱印を書いてもらうための列も、年々長くなっている。AIに席巻される現代社会の裏返しなのであろう。人は、より心の安寧を求めているように見える。

 筑波山は子供連れでも登れる山だ。神社から登るルートはケーブルカーもあるし、つつじヶ丘から登るルートはロープウェイもある。

 高尾山のお兄さん格ともいえるのが、筑波山である。

 

髙久多美男著『葉っぱは見えるが根っこは見えない』発売中

https://www.compass-point.jp/book/happa.html

 

「美し人」公式サイトの「美しい日本のことば」をご覧ください。その名のとおり、日本人が忘れてはいけない、文化遺産ともいうべき美しい言葉の数々が紹介されています。

https://www.umashi-bito.or.jp/column/

(190504 第900回 写真はいずれも筑波山山頂から見た関東平野)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ