多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 美にいざなわれる蛾

ADVERTISING

美し人
ココロバエ

美にいざなわれる蛾

2019.02.11

 先月のある日、車で走っていると、改装なったアルファロメオの販売店が目に入った。

 私はまるで街灯に引き寄せられる蛾のようにハンドルをきり、ショールームに滑り込んだ。

「美しい!」

 まず目に飛び込んできたのは、目の覚めるような黄色の4C。スパイダーの後継車で、よりスポーティーさを増している。

 もう一台、惹かれたのは赤のSTELVIO(ステルヴィオ)。こちらはSUVでやたらデカイ。次はSUVに乗りたいと思いつつ、こうまで大きいと手に余る。

 いずれも1,000万円前後するのだから今の私には無縁の車だが、舐めるように見てしまう。全体のプロポーションはもちろん、各部の造形に至るまで、とにかく「美しい!」。

 営業マンにいろいろ質問したが、ひとつ解せなかったのは、デザイナーの名前が明らかにされていないということ。イタリア車といえば、まずは「誰がデザインしたのか」だが、それが明らかにされていないというのは時代の趨勢なのか。イタリアでカーデザイナーといえば、サッカーのスーパースターのごとき崇められているはずなのに、どうやらそうではなくなりつつあるらしい。

 私が12年間乗り続けている車は、ジウジアーロとピニンファリーナの合作。今でも、「美しい」と惚れ惚れしながらドアを開ける。ちなみに、イタ車は壊れるという〝常識〟に反して、ほとんど故障らしい故障はなく12万キロも走っている。むしろ、燃費は上がっており、人馬一体感も増してきた。愛すべき駒である。

 自然も美しいが、人がつくったものも美しい。そう思わせてくれるイタ車は、やはり稀有な存在である。

 

 ※うーにゃん先生流マインドフルネス「大失敗のなかに成功の芽がある」

37話 うーにゃん先生「大失敗のなかに成功の芽がある」

 

「美し人」公式サイトの「美しい日本のことば」をご覧ください。その名のとおり、日本人が忘れてはいけない、文化遺産ともいうべき美しい言葉の数々が紹介されています。

(190211 第877回 写真上は4Cのエンブレム、下はステルヴィオのエンブレム)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ