多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > うーにゃん先生のダイニング

ADVERTISING

美し人
ココロバエ

うーにゃん先生のダイニング

2019.02.03

 わが家のうーにゃん先生は、4月でめでたく20歳。佐藤愛子さん流にいえば、「20歳、何がめでたい」となるのだろうが、うーにゃんは老いてますます意気軒昂。毛もツヤツヤしているし、声も張りがあって大きい。ギネスに挑戦して欲しいと密かに思っているくらいだ。

 知人とペット談義をしている時、「うーにゃんにはなるべくいいモノに触れさせている」と言ったら、「たとえば?」と訊かれたので、「たとえば、食事をする時の設い」と答えた。

 右写真がそれ。定番メニューは「少しだけ、だから贅沢」というキャッチコピーがニクイ「モンプチ まぐろのささみ添え」。コピーのとおり、中身は雀の涙ほどしかない。柔らかいものはこれしか食べない。一日5〜6袋召し上がるから、けっこうな金額になる。

 容器は妻がつくった焼き物。正面に立てかけてあるのは、坂田甚内氏の陶板。縄文の波状紋に丸い金箔。「どうだ!」という威光がある。うーにゃんが食事をするたび、後頭部に後光が差しているような絵になる。

 脇に置いてある青いカバ(通称ウィリアム君)はニューヨークのメトロポリタン美術館で買ってきたもの。もちろんレプリカではあるが、うーにゃんはこれがことのほかお気に入りで、ときどき恍惚とした表情で頬をスリスリしている。若い頃は、こいつをボーイフレンドと思っていたようなフシもある。

 とまあ、うーにゃん先生にはまだまだ頑張ってもらわなければならない。せめてもの食卓の設いでした。

 

 ※うーにゃん先生流マインドフルネス「大失敗のなかに成功の芽がある」

37話 うーにゃん先生「大失敗のなかに成功の芽がある」

 

「美し人」

美の生活化―美しいものを人生のパートナーに

(190203 第875回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ