多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 一日の終わりのローソクタイム

ADVERTISING

美し人
ココロバエ

一日の終わりのローソクタイム

2019.01.16

「日に三省す」という言葉があるが、私の場合は「日に一省す」。夜9時頃から10時15分くらいまでの、いわゆる〝ローソクタイム〟である。

 名前のとおり、ローソクを灯す時間。まず、欠かせない物がある。右写真にもあるように、ローソク、バリのお香、盆栽(ケヤキ・銘は左馬之助)、そしてストレートウイスキーの4つをテーブルの上に置き、照明をすべて落として、ローソクの光だけにする。

 音楽を選ぶのも楽しみだ。ほとんどがクラシックだが、稀にジャズもあるし、穏やかなポップスの場合もある。朝一番はバロック〜古典と決まっているため、それらをかけることはない。ベートーヴェン、ブラームス以降のドイツ音楽、ロシアや東欧もの、近代フランスの室内楽、バルトーク以降の近・現代など、なんでもいい。

 じっくり聴く場合もあれば、ただのBGMになる場合もある。考えごとをしている時はまったく耳に入ってこない。細部まで明瞭に聴き取れる時もある。なんでもいいのだ。その日の気分に合わせれば。

 一日を振り返る。だいたい、同じことの繰り返しが多いが、必ずなんらかのアクセントはある。それを思い出し、反芻する。それが良かったかどうか、評価はしない。

 未来のことに思いを馳せる場合もある。こうしようか、ああしようか、こんなものを書きたいな、とか。

 さまざまな人が脳裏に現れては消えていく。これまでに関わった人は、すべて「袖触れ合うも他生の縁」、あとから振り返ると、それぞれに出会った意味があることがわかる。

 気分も落ち着き、眠りに入ろうかという頃、置き時計を間近で見ると、だいたい10時を過ぎている。その後は朝まで爆睡。心身ともにリセットされ、ふたたび同じような一日が始まる。

「当たり前のことが当たり前にできること。それが幸せなのよ」と映画『日々是好日』のなかで樹木希林さんが言っていた。

 ほんとうにそう思う。

 

※うーにゃん先生流マインドフルネス「自然の懐は限りなく大きい」

36話 うーにゃん先生「自然の懐は限りなく大きい」

 

「美し人」

美の生活化―美しいものを人生のパートナーに

(190116 第872回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ