多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 恒例、大晦日のお礼参り

恒例、大晦日のお礼参り

2018.12.31

 毎年大晦日は明治神宮へお礼参りする。明治神宮まで歩いて6、7分。歩きながら一年を振り返り、二礼二拍手一礼をしながら一年の感謝を伝える。それだけのことなのに、とても充足感を覚える。

「今年はうーにゃんも連れていこうか」

「え? うーも行っていいの?」

「そりゃ、今年の出世頭だからな。早く準備しなさい」

「わーい、やったぁ」

 うーにゃんは飛び上がって喜んでいる。

 道中、20歳前後の女の子のグループとすれ違った。

「やだあ、あのネコ、うーにゃんじゃない?」

「やばい。ほんとだっ」

「写真撮らせてもらおうよ」

「やばいよ、いっしょにいるオジサン。なんか怖そうだし」

 黄色い声が聞こえてきた。オジサンとは、どうやら私のことらしい。

 

 手水をする手前に明治天皇の御製と昭憲皇太后の御歌が掲げられている。歌を詠みながら、作意に思いを馳せる。時空を越えて、国民を思うお気持ちが伝わってくる。

 本殿の前には囲いがしてあり、たんまりと賽銭を集められるよう、用意万端整えられている。ちゃっかりしたものだ。

 お礼参りが終わり、境内を歩いていると多くの人が集まってきた。

「すみません、うーにゃん先生ですよね。サインしていただけますか」

「え、どうしよう。ペン、持っていないんだけど」

「このスタンプ台に手をつけていただいていいですか。手形がほしいんです」

「私にも

「僕にも」

「俺にも」

 あっという間に人の渦ができた。

 うーにゃんはスタンプ台に手をついては白い紙に手形を押す。全部で100枚ほども押しただろうか。ようやく、人の波がひけた。

「おまえの人気はすさまじいな。これからは1枚100円くらいもらってもいいんじゃないか。御朱印だって300円なんだし、ここ明治神宮にいたっては500円もするんだから」

「御朱印とうーにゃんの手形をいっしょにするのはどうなのかな」

 娘がほざいた。

 ……という具合に、今年も無事、年を越せそうです。

 こんな人間たちを生かしてくれることに感謝します。

うーにゃんの明治神宮お礼参り 「感謝すれば、だれもが幸せ者」もご覧ください。

 

「美し人」

美の生活化―美しいものを人生のパートナーに

(181231 第868回 写真上は大晦日の明治神宮。下はカプチーノの泡を口の周りにつけたうーにゃん)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ