多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 晩秋の「夏空」

晩秋の「夏空」

2018.12.18

 あと一ヶ月で今年も終わろうというのに、沖縄は真夏の空が広がっていた。天は低く、白い雲は夏模様に折り重なっている。雲がないところは、抜けるような青空だ。思わず、イーグルスの「テイク・イット・イージー」や「テキーラ・サンライズ」を歌いたくなってしまう。

 秋の装いでは暑すぎるためTシャツ一枚になるが、それでも外を歩けば汗が出てくる。

「ここはほんとうに日本か?」

 たびたびそう思った。

 もちろん、日本である。同じ時期、北海道では初雪を観測していたはずだが、南の島では真夏の気候。この多層的で複雑な気候の幅が日本列島を魅惑の島になさしめている最大の要因だろう。

 写真右上は、前回紹介した今帰仁城(なきじんグスク)跡のチケット売り場がある建物の屋根。オレンジ色の優美な屋根瓦と真っ青な空が絶妙なコントラストをなしている。それを見ているだけで、心がおおらかになってくる。穏やかな気候は、そういう心理作用をもつ。

 写真下は以前紹介した「ぬちまーす製塩ファクトリー」が建つ断崖から見た「果報バンタ」の風景。果報(かふう)バンタのバンタとは沖縄の方言で「崖」という意味で、『Japanist』の推薦者として名を連ねていただいている伊那食品工業の塚越寛氏によって命名された。

 エメラルドグリーンのグラデーションが描く美しい海と岬の景色はパワースポットとしても知られている。別名「幸せ岬」と言われており、「ぬちの浜」(命の浜)には満月の夜、ウミガメが産卵にやってくるという。まさに命を育む海である。

 ちなみに、「ぬちまーす」の塩は、その海水を使っている。ぬちまーすは鯛などの白身魚の刺し身と絶妙な相性があるが、それも海水の質ゆえであろうか。

 

「美し人」

美の生活化―美しいものを人生のパートナーに

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」連載中。第34話は「言葉は凶器にもなる」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(181218 第865回)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ