多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】 > 偉人変人

偉人変人

2018.11.20

 30年以上交友がある高久和男さんについて。

 つくづく人間というのは面白い。彼を見ていると、心底そう思う。

 カズオさんは登山友だちである。ブラジルやインド、アフリカなどへも一緒に旅したが、通常は月に一度くらいランチをする程度。

 従業員2000人以上の企業グループを率いる総裁でもある。創業者である父からの「営業するな、業者を切るな、人を引き抜くな」という遺訓を胸に、ひたすら事業を伸ばしている。営業をしていないのに、新規の案件がどんどん舞い込むという。このご時世、なかなか聞けない話である。

 業績は伸びているが、カズオさんはほとんど現場の仕事をしていない。自他ともに認める遊び人だから、仕事をしている暇はないのだ。

 右下に掲載した写真は、彼が所属するバンドの演奏風景。そう、カズオさんはドラマーなのだ。背後のポスターに着目してほしい。メンバーをあしらった選挙ポスターだ。カズオさんのポスターには「無印粗品」と大きく書かれ、「粗品でもイキイキ暮らせる社会を!」というコピーがついている。これ、なんと、彼の会社のスタッフが作っている。常識的には「ありえない!」だろう。クビを覚悟で蛮勇を奮うという類のものだ。しかし、カズオさんは平気の平左だ。

 登山やバンド活動の他、スキューバダイビング、スキー、ジェットスキーなど遊びの範囲は幅広い。さらに、仏教、禅、歴史などにも造詣が深い。永井荷風の生き方に憧れ、人の数十倍もの収入を全部使い切っている。もちろん、夜遊びに、である。夜な夜な遊び歩き、遊び終わったらコンビニで弁当なんかを買って食べるような生活なのに、体はいたって健康。どこも悪いところがないという。結局、病気を呼び込むのは、心持ちなのだろう。

 ところでカズオさん、だんだん風貌が永井荷風に似てきた。こういうイジンヘンジンは、ますます目が離せない。

 弊社サイトの連載コラム「人の数だけ物語がある」の12月1日号にカズオさんのインタビュー記事を掲載予定。

 

「美し人」

美の生活化―美しいものを人生のパートナーに

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」連載中。第32話は「褒め言葉は%0%に、苦言は150%に」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(181120 第858回)

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ