多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 『扉を開けろ』余波

ADVERTISING

美し人
ココロバエ

『扉を開けろ』余波

2018.09.08

 昨年1月に刊行した『扉を開けろ』の主人公・小西忠禮さんの快進撃が止まらない。今夜、フジテレビの「27時間テレビ」に出演される。新渡戸稲造が愛したリッツというテーマのところで紹介されるという(18時55分から20時30分くらいの間に放映される予定)。

 思えば、本の大半はひっそりと姿を消していく。よしんば注目を浴びたとしても、そのほとんどは打ち上げ花火のようにあっという間に消えてしまう。しかし『扉を開けろ』はちょっと意外な展開だ。宣伝費はいっさいかけておらず、全国の書店で販売しているわけでもない。せいぜいアマゾンと弊社のサイトでの販売、そして小西氏の人脈で少しずつ広がったに過ぎない。

 しかし、発刊依頼、講演依頼が途切れず、雑誌『致知』では無農薬りんごの木村秋則氏と対談も組まれた。そして今夜は全国放送の番組に出演する。

 どうしてこうなったか。小西氏の波乱万丈の人生が人の心を打ち、人から人へ、小さな波紋のように広がったからだろう。人は「いい話」を求めている。たまたま私は小西氏の人生を描写する機会に恵まれた。こういう展開になって、とても嬉しい。

 いつも思っている。ますます難しくなっていく時代にあって、物事を成就させる突破口は、いい人との共鳴共感をいかに多く得られるか、だと。しかし、それは一朝一夕には得られない。地道にいい仕事を続け、共鳴共感を少しずつ積み重ねていくしかない。

 答えはわかっているが、実行は困難。だからこそ、価値があるのだろう。

 

 先ほど、テレビを見た。

 感想。今でもリッツの料理を再現できる小西さんは素晴らしい。

 が、ゲスト出演者が真剣に調理をしているのに、お笑い芸人が間断なくツッコミ、周りの人が笑っているというのは出演者に失礼ではないか。バラエティ番組を見るのがこんなに疲れるとは思わなかった。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」連載中。 第27話は「こんな広い世の中に、自分は一人しかいない」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180908 第840回)

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ