多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 山寺常山が住んだ跡形

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

山寺常山が住んだ跡形

2018.08.26

 長野県松代町にある旧大本営地下壕へ行こうとしたら、思いがけず象山神社に寄ってしまったことは前回書いた。

 象山神社を出て、旧大本営地下壕へ向かって歩き始めるや、趣のある長屋門に出くわした。表札を見ると、「山寺常山邸」とある。無言の招きにいざなわれ、門をくぐった。

 江戸時代の終わり頃、江戸に出て佐久間象山らと交わった山寺常山の邸宅跡と書かれている。山寺常山の名は知らなかった。読めば、佐久間象山、鎌原桐山とともに「松代の三山」と讃えられる人物とある。維新後、常山は中央政府から出仕を要請されるが固辞し、松代に留まって塾を開き、門人の教育に努めた。30センチはあろうかという長く白い顎ひげが印象的だ。

 長野は教育熱心というイメージがあるが、ここにもその源流があった。

 泉水(池)が広がり、傍らに書院がある。書院の茶室から見る池の光景が絵のようだ。ここでお茶でも飲みながらゴロゴロできたら、さぞかし風流だろうなと思わせる。

 どうして長野には文人墨客が多いのだろう。山ばかりでさしたる産業もなく、かつては姥捨てもあったというのに……(失礼)。なぜ?

 いや、だからこそ、なのだろう。教育を施さなければ食べていけなかったという事情もあったのではないか。

 地域の人物を顕彰する姿勢にも共感を覚えた。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」連載中。 第27話は「こんな広い世の中に、自分は一人しかいない」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180826 第837回 写真上は山寺常山邸の茶室、下は外観と入り口)

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ