多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 松尾芭蕉の創作観

松尾芭蕉の創作観

2009.10.29

 最近、つくづく自然の創造力、造形力には人間逆立ちしたってかなわないなあ、と痛感する。花も虫も動物も、そして山も空も川も……。その形や色彩をつぶさに観察すると、驚嘆することばかりだ。

 

 先日、田口佳史氏の松尾芭蕉に関する講義を受けた。田口先生は、中国古典のみならず、歴史上の偉人について怖ろしいばかりに熟知しているが、単に知識だけで終わっていないところが、そんじょそこらの学者たちと大違い。やはり実学の人だ。

 芭蕉は次のような創作観を書いている。

──風雅におけるもの、造化にしたがひて四時を友とす。見るところ花にあらずといふことなし。思ふところ月にあらずといふことなし。像、花にあらざる時は夷狄にひとし。心、花にあらざる時は鳥獣に類す。夷狄を出で、鳥獣を離れて、造化にしたがひ、造化にかへりとなり。

(俳諧における精神は、天地自然を創造した大きな意志に順い、四季の移り変わりを変とするものです。ですから、そのような俳諧精神をもってすると、目に映るもののすべては花のように美しく、心に思うことのすべては月のように清らかに感じられます。外のかたちが風雅〈俳諧〉に見えないときは、まさに未開人と同じです。内に思うところが風雅でないときは、鳥獣と同じです。夷狄鳥獣を離れ、天然の創造物にしたがって人間の私意〈わがままな心〉を捨て去りましょう)

 とどのつまり、自然を見て俳諧を感じないのは未開人に同じ、心の中に俳諧をもたないのは鳥獣に同じと言っている。

 すでにわれわれの周りにパーフェクトな見本があるということだろう。要はそれに気づくか気づかないか。

 私は、秋の色が織りなす斬新なプレゼンテーションに唖然とすることがある。

 例えば、青空と紅葉。大胆な補色である。オレンジと青の組み合わせをここまでナチュラルに、そして創造性豊かに提示しているケースを他に知らない。しかも、オレンジ色にも青にも微妙な階調がある。見れば見るほど、感嘆せざるをえない。

 しばらくは自然の造形と配色の妙に魅せられそうである。

(091029 第124回)

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ