多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 『Japanist』第3号

『Japanist』第3号

2009.10.22

 ようやく『Japanist』第3号が仕上がった。今回はかなりバテバテで、データを仕上げた頃はクビのあたりの骨と筋がコキコキして、やがて首が回らなくなり、底なし沼のような深いため息が出てきた。

 おかしいなあ、20年以上背負い続けてきた借金を返済し終えたばかりで清々しい気持ちのはずなのに……。

 

 というくらい激戦だったのである。なにしろ、ほとんど全部と言っていいほど自分で編集・制作をしているし、今回に限って言えば、70ページ以上も原稿を執筆した(『fooga』再録も含む)。分業が当たり前の大手出版社の編集者が聞いたら、間違いなく腰をぬかしているはずだ。

 しかし、仕上がった時の感動の深さは、簡単に言葉にできるものではない。全身全霊を込めたモノを制作する醍醐味は、一度味わったら簡単に止められるものではないのだ。

 

 今回から、表紙のタイトルの上にサブコピーをつけた。

「誇りある日本人のための志誌」。

 まさにそうなのだ。逆に言えば、「誇りある日本人」でなければ、読まなくていい。少しでも多くの人に読んでもらうために……、などという理由で読者に媚びを売るつもりはないから。そういう雑誌は世間に腐るほどあるので、あえて自分がそれに手を染める必要はない。たとえ、今よりずっと経済的には潤ったとしても。

 そのかわりといってはナンだが、「誇りある日本人」がじゅうぶん満足してくれる内容を心がけているつもりだ。もちろん、毎度悔やむことが多いが、志誌の名にふさわしいコンテンツであると自負している。

 具体的な内容は、当ホームページのトップから、Japanistの専用ページに入ってください。

 しかし、老婆心から忠告するが、くれぐれも日教組や共産党をはじめ、左翼の方々は見ない方がいい。もちろん、眉間に縦じわを寄せているのに書いているのは丸文字で、言っている内容は時代錯誤の福島瑞穂さんも見なくてよろしい。そういう人たちは、一生懺悔していればいいのです。

(091022 第123回)

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ