多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 宇都宮美術館のアプローチ

宇都宮美術館のアプローチ

2009.09.19

 子どもの頃から絵が好きだった。高校時代に油絵を始め、その後、細々とながら6年くらい描き続けた。

 そのうち自分には圧倒的に才能がないということがわかり、筆をおいた。

 そんなわけだから、美術館巡りは好きだ。今までで印象に残っているのは、パリのピカソ美術館、オランジュリー美術館、プチ・パレ、マドリッドのレイナ・ソフィア、バルセロナのピカソ美術館、ニューヨークのグッゲンハイム美術館等々。意外とイタリアには好きな美術館がない。

 国内では、特にこれといって際だった印象の美術館は少ないが、強いてあげれば箱根のポーラ美術館や裏磐梯の諸橋近代美術館、六本木のサントリー美術館やデザインサイト21_21などかな。

 最近はほとんど日本画に心を奪われているので、おのずとそっち方面の作品を収蔵しているところへ行く機会が多い。北茨城の天心記念美術館はほぼ毎回訪れているし、今秋は島根の足立美術館を訪れるつもりだ。くしくも来月同時期にオープンする山種美術館と根津美術館は、今後贔屓のスポットとなるにちがいない。

 

 ところで、シチュエーションとして最も好きなのは、宇都宮美術館である。地元だからの贔屓目もあるだろうが、ここはなんといっても長いアプローチがいい。身障者は別として、この美術館に行きたい人は森を拓いて作った、なだらかに上るアプローチを数分歩かなければならない。左手はオオタカの棲む森、右手は広大な芝の空き地といった具合だ。

 このアプローチで否応なく世間の塵芥を落とすことができる。日常生活から一気に絵を見るモードに移るのは容易ではないが、この長いアプローチがそれを可能にしてくれる。絵を鑑賞した後、美しい雑木林に隣接したレストランで本を読みながらお昼を食べるのがお気に入りの過ごし方だ。

 今日は、明日から始まる「栄光のルネサンスから華麗なロココ」展のレセプションがあり、一足早く作品を見てきた。作品に関しては、ノーコメント。キリスト教のことはさっぱりわからないので、あの手の絵もさっぱりわからない。この前に開催されていた「白樺派の愛した美術」はなかなか良かったけど。

 それでも美術館にいるという事実を堪能できるところがいい。

(090919 第117回 写真は宇都宮美術館へと続くアプローチ)

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ