多樂スパイス

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Spring has come!

2018.03.22

 春が来た。英語ではSpring has come.

 春という実体のないものでありながら、いみじくも「来る」と表現しているところが面白い。

 命が芽吹く季節。温かくなったかと思うと、冷たい風が吹いてきたり、そうかと思うと、みぞれが降ってきたり。三寒四温とはよくいったもので、この季節はまことに油断ならない。冬物をしまったかと思うと、急に寒くなって、「しまった」と思う(ダジャレ?)。

 わが家のネコ〝うーにゃん〟は最近、禅の教えを施したり企業研修のコーチングをしたりと忙しいが、本来の特技は眠ることだ。この季節は特に「暁を覚えず」らしい。朝から夜まで眠りまくっている(その代わり、夜はムダに起きている)。もう人間のような生活を19年もしているのだから、いいかげん夜に行動するのはやめてもらいたいが、なかなか修正が効かないようだ。

 春といえば、多くの人たちの関心は、サクラの開花だろう。もちろん、私も関心はあるが、サクラだけが楽しみではない。例えばハクモクレン、例えばサツキ、例えばフクジュソウ……。それぞれの形、それぞれの色を存分に輝かせながら、私たちの目を楽しませてくれる。否、楽しませようとして咲いているのではない。ただ、ありのままに咲いているのだ。

 春来草自生(春来たりて草おのずから生ず)。四時(しいじ)を経巡りながら、命の盛衰を繰り返す。その妙なる秩序に改めて驚かされる。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。今回は「自分のカラーを大切にする」。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180322 第798回 写真上は新宿御苑のハクモクレン、下はツバキ)

 

ADVERTISING

ココロバエ

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ