多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 立山のてっぺんのスーパーエネルギー

立山のてっぺんのスーパーエネルギー

2009.08.14

 恒例、今年も北アルプスへ登った。

 今回は富山県の立山連峰。その中の最も高い山は3000メートル級だが、わかる人にはわかる、いわゆる上げ底の3000メートル級である。トロリーバスで黒部第4ダムへ行き、そこからケーブルカー、ロープウェー、トロリーバスと乗り継ぎ、宿がある室堂に着いた時はすでに約2300メートル。頂上までの高度差はわずか700メートル。槍ヶ岳の時の難行を思えば、まるで赤子の手をひねるような感じである。

 当日は天気が危ぶまれていた。なにしろずっと悪天候の日が続き、登山当日も天気予報では雨。くわえて濃い霧が発生していた。

 しかし、山におわす「タラクノカミ」が特別のご配慮をしてくださったようで、なんと! 雨に降られず7時間の行程を完遂することができたのである。あの日の天気を思えば、奇跡といっていい。空は分厚いガスで覆われていたが、しばしば晴れ間さえ覗かせてくれる出血大サービス。やはり常日頃、よい行いはしておくべきである。

 ところで、今回の登山で感動したのは、雄山のてっぺん(3003メートル)に立山神社があり、なにやら修験者のような神主さんがいたことである。うかつに言葉をかけようものなら、一喝されそうな気迫に満ちていた。さらに、過去多くの登山者が賽銭がわりに持ち込んだ石を敷き詰めた場所に座って祈祷をしてもらった。みるみる心身にスーパーエネルギーが注入されていくのがわかった。これで30万馬力、当分闘えそうだ。

(090814 第110回 写真は別山など立山連峰)

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ