多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 知覧の地を踏む

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

知覧の地を踏む

2009.07.20

 初めて鹿児島の地を踏んだ。知覧を取材するためだ。

 今まで何人かの心ある人たちに驚かれていた。

「えー? 知覧へ行ったことがないの?」

 パソコンを2本指で叩いているとカミングアウトした時もかなり驚かれたが、それはある意味私のチャームポイント?なので、あまり意に介していないが、知覧はそういうわけにはいかない。パリとかリオデジャネイロなんか行っている場合ではなかったのだ。不覚であった。

 といいながら、50歳になった節目に知覧を訪れるというのも、天の采配と思わずにはいられない。あるべき時に、「時期」というものはやってくる。とかく、都合良く解釈するのは私の得意技である。

 関東はまだ梅雨が明けていなかったが、鹿児島空港に着いたとたん、熱い風に頬を撫でられた。東南アジアが大好きな私にとって、懐かしいとも思える、特別な感触である。さっそく空港からレンタカーを駆り、指宿へ向かって南下した。

 途中、仙巌園に立ち寄った。持ち主は現代の島津家当主。たしか第32代か33代であると聞いた。

 これが個人のもちものか、と驚嘆するほど広大な庭園だ。隣接地には島津家ゆかりの品々が展示されている尚古集成館もある。やはり、薩摩だけは独立国だったのか、とあらためて痛感する。

 とにかくスケールが大きい。風景もそうだ。チマチマしていない。北海道の「チマチマしていない振り」とはまたひと味ちがった豪胆さがある。

 鹿児島湾を隔てて、正面に桜島がドーンと居座っている。大将という趣だ。大久保利通、西郷隆盛、大山巌、黒田清隆、東郷平八郎ら、あまたの傑人を生んだのは偶然ではなかったと思い知った。特に大久保を崇敬する私にとって、鹿児島はただの土地ではない。

 やはり「地の力」というものはあるのだろう。生まれた瞬間から、見えざる大きな力に作用されていたのだ。19世紀後半は、鹿児島がそういう位置にあった。20世紀半ば頃のリバプールに音楽の天才たちが誕生したように……。

(090720 第107回 写真は桜島)

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ