多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 超リアルな生態風景写真

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

超リアルな生態風景写真

2018.01.17

 東京ドームシティのGallery Aamoで開催されていた「天野尚 NATURE AQUARIUM」展を見た。天野氏は、ダイナミックな自然を写す写真家であると同時に、ネイチャーアクアリウムの第一人者でもある。ネイチャーアクアリウムについては次回に譲るとして、今回は彼の撮る作品について書いてみたい。

 風景写真に求められることのひとつに、忍耐力があろう。右の写真「谷川岳紅葉」は、思い描く光を待つこと4日、ついに雲間から差し込んだ朝日が紅葉の山肌を照らした瞬間を写したという。他にも、ボルネオ島の熱帯雨林の中で、朝日を浴びる原始の森の姿だったり、仙境と呼ぶ以外ない断崖絶壁の上にぽつんと存在する幽玄な田んぼなど、「最高の一瞬」をじっと待ち続けて撮ったと思われる作品が多い。

 デヴィッド・リーン監督は、理想の波が現れるまで、カメラを構えたまま極寒の地で数ヶ月も待ち続けたというが、そういった忍耐力がなければ、自然を撮ることはできない。

 天野尚のもうひとつの特長は、「生態風景写真」とあるように、生態系という秩序が保たれた自然を写しているということ。その延長として、ネイチャーアクアリウムへと行き着くわけだが、彼にとって、生態系が保たれているか否かは、きわめて重要なファクターなのだ。そのため、芸術性だけではなく、記録性も重視している。

 右のカメラは、彼の愛機。8×20インチ(約20×50cm)の大判カラーリバーサルフィルムを用いる。彼の作品をルーペで見ることができたが、その超リアルな自然の姿は言語を絶する。壁一面に引き伸ばしても、遠くに見える山裾の道を歩く人間が鮮やかに記録される。北海道洞爺湖サミットの会場に、天野氏の撮った佐渡原始林の特大パネルが展示され、当時の福田康夫首相が各国首脳に、日本を代表する自然として紹介したというエピソードもある。

 残念ながら、天野氏は2015年、永眠した。

 

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180117 第782回 写真上は谷川岳紅葉、下は天野氏の愛機)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ