多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 常滑やきもの散歩道

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

常滑やきもの散歩道

2017.10.11

 常滑という焼き物の産地がある。地図でいえば、名古屋の下。伊勢湾寄りにある。作風は私の好みではないが、散歩道が素晴らしい。

 雲一つない晴天に恵まれ、風情のある道を歩くことの楽しさを満喫した。

 道はクネクネと曲がり、随所に見所が並ぶ。名士の旧家、土管や焼酎瓶が並べられた坂、巨大な登り窯、水琴窟、古い民家……。大学の美術部によるモダンアート、常滑の風景を描いた画家の展覧会、個性あるギャラリーの数々。そして、ひと息いれたいときに現れるカフェ……。高台から見ると、あちこちに窯の煙突が立ち、独特の光景を醸していた。歩いてこんなに楽しいところは久しぶりだ。

 このコースを作るのは簡単ではなかったはず。民家の前を通ったり、敷地を通り抜ける必要があるからだ。おそらく、このプロジェクトに熱心な人が地域の人たちを口説いたのだと思う。

 

 陶器市のシーズンだったのか、大勢の人が訪れていた。人が歩けば、必ずお金が落ちる。信長が楽市楽座で証明したように、まずは「人が集まる仕掛け」が大切だ。

 首都圏を除けば、人口が増えている地域はごくわずか。そういう時代にあって、他から人を集めるには従来の方法では限りがある。情熱のある仕掛け人と地元民の協力、この二つは欠かせない。

 素敵な実践例を見せてもらった。

(171011 第758回 写真上は登り釜の煙突。下は土管坂)

ADVERTISING

ココロバエ

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ