多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 地方創生のヒントを示す、江戸の宿場町

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

地方創生のヒントを示す、江戸の宿場町

2017.08.20

 登山の帰り、妻籠宿(つまごしゅく)へ行った。長野県と岐阜県の県境、木曽川の近くにある。周りは木曽の山、山、山……。江戸と京都を結ぶ中山道の宿場町で、江戸から数えて42番目だという。

 日本で初めて古い街並みを保存したとあって、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような感懐になった。

 ただ保存しているだけでなく、それらの建物を実際に使っているところがいい。例えば、三渓園に移築された建物は、たしかに一見の価値があるものばかりだが、生命のほとばしりを感じさせない。生きた建築物ではなくなっているからだ。

 しかし、妻籠宿に立ち並ぶ建物のほとんどが今も使われ、開放されている。これはスゴイことだ。民家、おみやげ屋、食事処、雑貨店、歴史的建造物……それらが一体となって宿場町を構成している。

 民家の縁側でトウモロコシのヒゲを取っていた初老のおじさんに話しかけた。

「代々、ここにお住まいなのですか」

「そう。この家は、和宮(かずのみや)が江戸へ降るときも宿として使われた歴史があるんだよ」

 そして、まるで観光ガイドのように説明を始めた。そういう歴史を誇りとしているのだろう。

 徳川将軍家と朝廷の政治的駆け引きによって、和宮が14代将軍・家茂に降家したのは文久元年。天候によって川留のある東海道を避け、一行は中山道を東進した。武家に嫁ぐ和宮の心境はどんなものだったろう。

 

 驚いたのは、雨天にもかかわらず外国人観光客がたくさんいたこと。しかも中国人や韓国人など、お決まりの人たちではない。大半が白人である。高野山へ行った時もそうだったが、「買い物観光」と「知的体験観光」では訪れる人の国籍がかなり異なる。日本を訪問する観光客は年々増える一方だが、その8割は東アジアなど近隣諸国。政府は米欧豪などからも増やそうと、新たな取り組みを始めたが、この宿場町にそのヒントがある。本気になって取り組めば、新たな観光資源をたくさんつくれるということ。なにしろ長い歴史をもつ国なのだから、観光コンテンツにはこと欠かない。地域文化の掘り起こし、地方創生など、いくつかの課題をいっぺんに解決する本質的な〝解〟ではないか。

(170820 第745回 写真上は妻籠宿、下は脇本陣の庭)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ