多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 忙中オペラあり

忙中オペラあり

2009.04.06

 今年は仕事をするぞ、と覚悟を決めて元旦を迎えた。

 その通りの経過となっている。1月は正月もヘチマもなく無休。2月の休みは1日だけ。3月も無休。創業期に匹敵する仕事ぶりである。いや、あの当時より忙しい。なぜなら、22年前はアナログだったので、ある程度仕事にセーブがかかったが、今はデジタル時代。どこにいてもパソコンがあればできてしまうし、多くのメールが休日関係なく送られてくる。完全に仕事を断つにはパソコンや携帯を持たずに海外へ行くしかない。

 だいたいこんな日々である。

 朝食を済ませ、まず書斎で第1ラウンド。この時間帯が最も頭が冴えているので、難解な原稿はだいたいこの時を利用して仕上げる。

 次いで会社へ行って第2ラウンド。無駄なお喋りをしている余裕はない。ずっと集中して仕事を続けて、定時を過ぎた頃、家路に。

 夕食をとり、風呂に入ってから再び、書斎へ入り第3ラウンド。ずっと仕事をしっぱなしではないが、読書か仕事を続け、疲れたら寝る。

 休日は原稿かイベントに参加……。そんな日常である。

 人が一日に集中できるのは3時間が限度、と誰かが言っていたが、おそらく10時間以上集中しっぱなしで3ヶ月間を終えた。われながら、よくぞあれだけの膨大な仕事をこなしたものだと感心する。

 ある日、あまりにも疲労困憊が続き、「もう死にたい。楽になりたい」と呟いていたら、家人は笑いながら、「どう見ても楽しそうに見えるけど」と言ったのだった。どうやら現状が伝わっていないらしい。困ったことである。

 3月までの仕事の成果は『fooga』『Japanist』『たらく』の3誌の他、書籍や小冊子、そしてさまざまな広告物となって今月現れる。楽しみである。

 ところで、2月にとれた1日だけの休日は、突然の予定変更によるものだった。土曜日、都内で予定されていたアポが延期になったのだ。前々日から都内に泊まっており、翌日の日曜日も都内でアポがあったので、急いで宇都宮に帰っても無駄なような気がし、そのまま時間を過ごすことにした。

 そういう時、東京はやはり快適である。久しぶりにクラシックのコンサートでも聴こうと思い、ホテルのネットで検索した。東京都文化会館でオペラ『ラ・トラヴィアータ』が上演されるという。

 さっそく電話すると、まだチケットが残っていた。

 オペラの人気作(『ラ・トラヴィアータ』というよりも『椿姫』という日本語訳で有名)は、宮本亜門の演出によりまるで新作のような新鮮味があった。どういう意図かわからないが、舞台はあらかじめかなりの傾斜がついている。そこで役者たちは平然とした表情で演技し、歌う。声量はたしかに西洋人に劣るが、細かい身振りでの多彩な表現はさすが日本人。東京フィルの弦も絶妙のハーモニーを響かせていた。弦楽器が完璧に調和した時の音を聴くとゾクゾクする。多忙な合間の観劇であっただけに、とりわけ心に沁みた。

 毎日が暇でしかたがないという状況で聴くのと、多忙な合間に聴くのとでは大きな違いがあるのだろうか。わからない。

 私はどっちに転んでも楽しいと思う。一週間何もしないでいられるし、狂ったように働き続けることもできる。嬉しいことに、50を前にしてそういう人間になれたようである。

(090406 第91回)

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく陰陽相和す中庸を求める

■本は永遠の師匠

バルザック、ユゴー、デュマなど19世紀フランス文学からヘミングウェイ等の20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの御三家からワーグナーまでのドイツ音楽、フランク、ラヴェル、フォーレなど近代フランス室内楽、バルトーク以降の現代音楽まで、あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■映画は総合芸術だ

『ゴッド・ファーザー3部作』などのマフィアもの、『ニュー・シネマ・パラダイス』、黒澤明のほぼ全作品、007シリーズ、パトリス・ルコント監督作品など、こちらも雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■歴史上の尚友

尊敬する偉人の双璧は、大久保利通と徳川家康。他に幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介。理想主義者、ロマンチストより結果を出したリアリストを評価する

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■隠れ目標

死ぬまで同じライフスタイル

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■追記

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす。かなりの猫好き(愛猫・海=2019年没)、2019年9月、「じぶん創造大学」を設立し、自ら入学(生徒数1名)

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ