多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 人間どもを見下ろすネコ

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

人間どもを見下ろすネコ

2017.06.19

 銀座を歩いていたら人だかりがあった。みな、スマホを掲げて、なにものかを撮影している。

 近づいてみると、「銀座6丁目」という標識の上に乗って悠然としているネコだった。瞑想しているのか、薄目を開いている。頭にはなぜかアジサイの花びらが載っていた。
 泰然自若とはこういうものをいうのだろう。人間どもがキャーキャー言いながら集まってくるのを見ても、まったく動じない(私も〝集まってきた〟一人だが)。
 自分でそこに飛び乗ったとは思えないから、おそらく飼い主がそこに置き、少し遠目からこの様子を見て楽しんでいたのだろう。
 惚れ惚れしてしまった。どう転んでもわが家のうーにゃんにはできない芸当。うーにゃんは、マンションの屋上に連れて行ってもビビってしまい、カゴから出て来ないアリサマ。せいぜいベランダに出て2分程度遊ぶくらい。肝っ玉がちがう。
 このネコに聞いてみたい。いまの日本の世相をどう見ているのかと。
 相変わらず、メディアはくだらないことを報じ、国民の多くは付和雷同している。国内外に課題山積だというのに、加計学園のことで貴重な国会の審議の場を浪費している。いったい国会を一日開くのに、どれくらいコストがかかると思っているのか。
 もともと獣医が少ないところにもってきて、四国には獣医の学校がひとつもない。いちはやく学校を開設する意義があるのは火を見るより明らかだろう。仮に安倍さんが「早く認可してよ」と言っても、法的にのっとって手続きがなされているのであればまったく問題はない。忖度などあろうがなかろうが、事の本質とはなんら関係がない。それをあんな形で追求して、いったいどんな意味があるのか。
 ずっと長い間、なぜ獣医が不足しているのか? これ以上増やしてくれるなと文科省に圧力をかけている輩がいるからだ。そっちの方がよほど問題だ。
 まったく!
(170619 第730回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ