多樂スパイス

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

建物と緑

2017.06.07

 日本の都市は、「合理的に発展させる」という名目で、どこもかしこも殺風景になってしまった。その反動なのだろうか、最近、建物に緑(植物)を〝植えて〟いるのをよく目にする。壁だったり、屋上だったり……。とてもいい傾向だと思う。以前も書いたことがあるが、街路樹を大切にしていないなど、緑化に意識の低い都市はダメだ。殺伐として、住民の心が透けて見えるようだ。

 いま、シンガポールは「City in a Garden」を掲げ、国をあげて緑化に取り組んでいる。国をあげてと言っても、シンガポールはひとつの市しかないのだが……。以前、テレビでその概要を見たことがあるが、それだけでも訪れてみたいと思う。
 東京に、もし皇居や明治神宮御苑、新宿御苑、赤坂御所、代々木公園などがなかったとしたらどうだろうか。じつにどうしようもない、下品な都市になっていただろう。
 ヨーロッパの都市は概して緑を大切にしている。拷問のような枝の剪定はしないし、枝が伸びることを前提に交通標識を設置している。市有地といえど、勝手に樹木を伐採することができない国も多く、公と個人の権利がうまく調整されている。日本ではなんでもかんでも個人の権利が優先されるが、もっと公の概念を強くしないと、国全体が精神的に干上がってしまう。
 そういえば、私の友人で、自宅の周りに森をつくろうとしている男がいる。近隣の土地を買い、建物を解体して更地にし、木を植えて何十年もかけて森にするというのだ。
 なんて素敵な夢だろう。そういう発想のできる人は、明らかに幸せである。
(170607 第727回 写真上は沖縄美ら海水族館の駐車場。下は新浦安駅前の交番が入っている建物)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ