多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > とくだん何もないときは、うーにゃん

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

とくだん何もないときは、うーにゃん

2017.06.03

 このブログも今回で726を数える。ほぼ4日おきに更新しているのは、大リーグの先発投手のインターバルにならってのこと。

 4日おきともなると、正直あまり書きたくない日もある。とりたてて書くべきテーマがないときもある。だいたいそういうときは愛猫・海(通称うーにゃん)でお茶を濁す。
 4月で満18歳になった。ネコの平均寿命と比べると、長寿である。前に飼っていた白いネコ・マリリンは23歳弱、柴犬のパンナは16歳で往生した。おしなべてわが家のペットは長生きだ。
 最近は、うーにゃんの姿を見るたび、声をかけずにはいられない。
「うーにゃん、元気か? おまえが元気じゃないと困るのだよ」
「調子はどうだ? うーにゃん。今日は肌つやがいいね」
「うーにゃん、今日の予定は? たまに外出したらどうなんだ」
 うーにゃんは、「ウニャ〜」と言って返事をする。牙が3本抜け、毎日咳の発作があるものの、毛の艶もよろしく、溌剌としている。元気でいてくれるだけで、愛おしさが増す。
 小学生になったばかりのころからずっと一緒に過ごしてきた一人娘にとって、うーにゃんは妹のような存在だ。右上写真のように、子供のころから一緒にゴロゴロしていた。今は名古屋で一人暮らしをしているが、「海と離れて暮らすことに意味はあるのかな?」としばしば言う。どうやら本気で言っているらしい。会社を辞めて戻って来る口実にもしたいのだろう。たしかに、うーにゃんの残り時間を考えると、ずっと名古屋にいる意味があるとは思えない。
 それにしても、最近はネコブームらしく、ネコを取り上げさえすれば売れるようだ。わが家ではずっとネコのいる暮らしだから、ブームもヘチマもない。
 ネコはなんにもしないし、生産性はゼロ。それなのに、人間から可愛がられ、生き延びることができている。生存に対する動物の適応力には驚くばかりである。
(170603 第726回 写真は海と床でゴロゴロする小学生時代の娘)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ