多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > ほんとうの沖縄を見よう

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

ほんとうの沖縄を見よう

2017.04.08

 取材のため、沖縄へ行って来た。

 今回も痛感した。沖縄の美しい自然は、神様の恵みだと。空港近くからレンタカーで移動したが、海岸線の道路を走っているだけで、えもいわれぬ気分になった。寒くもなく暑くもなく(この時期だからだろうけど)、海を渉ってくる風のなんと心地よいことか。薄着でホテルのベランダに座り、海原を眺めながら音楽を聴いたり、本を読んだりするだけで満足なのだ。このまま沖縄にいたら、人が変わってしまうかもと思った。
 一方、今回も強烈な危機感を覚えた。とにかくどこへ行っても中国人だ。観光客だけならまだしも、共産党の工作員もかなり活動を続けていると聞く。中国共産党からすれば、沖縄は喉から手が出るほど欲しい島々だろう。地政学的にもその重要性は群を抜いている。以前、中国大陸を中心とした地図を見たことがあるが、東シナ海に浮かぶ沖縄はまさに「目の上のたんこぶ」だった。なりふりかまわず東シナ海に魔の手を伸ばし、やがて沖縄をチベットやウイグルのようにしてしまうかもしれない。
 残念なのは、それを煽っているのが、左翼の日本人だということ。彼らの多くは、本土から沖縄へ〝出張〟し、日当をもらって朝から晩まで反対運動をしている。それをマスコミが報道するものだから、「沖縄の住民はみんな基地に反対している」という「オール沖縄」のイメージがつくられてしまった。
 比較的収入の低い地元の人の中には、「沖縄が中国になれば、みんな平等だから、中国になってもいい」と思っている人もいるようだ。ソ連、北朝鮮、中国、そして崩壊してしまった東欧諸国を見てもわかるように、共産党の下に平等なんかない。苛烈な人権抑圧と自由のない貧しい暮らしが待っているだけだ。中国や日本共産党などの左翼活動家はそういうことさえわからない人を籠絡して、じわじわと外堀を埋めようとしている。

 沖縄は選ばれし島々。あれほどの観光資源をもつ沖縄が豊かでないはずがない。
 まずは日本人として沖縄へ関心を向けよう。そして、事実をじっくり見極めよう。

 次の一手は、それからだ。
(170408 第712回 写真上は沖縄美ら海水族館の大水槽。下はホテルのベランダからの風景)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ