多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 大道芸が好きだ

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

大道芸が好きだ

2008.10.18

 大道芸が好きだ。あれを見ているだけで、心が和んでくる。

 時々、横浜の山下公園に面したホテルに宿をとる。読みかけの本を1冊だけ手にし、海に面したベンチに腰掛け、ゆっくり文字を追う。

 波がチャプチャプ揺れる音を聞き、潮風を頬に受けながら、本に夢中になり、気がつくと空が鈍い色になっていることがある。いよいよ日が落ちていくという兆しである。休日であれば、その頃に大道芸が始まる。ちょうど氷川丸が繋がれているあたり。灯りに群がる夏の虫みたいに、人がゾロゾロと集まってくる。

 大道芸をやる人は若い人が多い。見た目には普通のアンチャン風だが、いざ芸が始まると、一気に引き寄せられる。芸も素晴らしいが、口上もいいのだ。よくもペラペラと間断なく喋りながらこれほど難しい芸を連続で披露できるものだと感心しながら見てしまう。これだけの芸を身につけるまでには、並大抵の努力ではなかっただろうが、本人はそういう欠片を微塵も感じさせないところがいい。

 やがて日が落ちる頃になるとクライマックスがあり、終わった後は「おひねり?」を求めることとなる。最後の展開はあからさまなのだが、よくぞ頑張ったと「お布施」をしないわけにはいかない。そういう結論がとても心地よいのである。

 サブプライムローンの破綻が影響し、世界的な消費不況になりつつある。たぶん、日本も未曾有の不景気になり、生活破綻する人が続出するだろう。

 しかし、人はどんなに暗い世の中になっても、気持ちよくお金を使いたいという願望を捨てることはできない。要は、気持ちよくお金を使ってもらえる立場になるかならないか、だ。とはいうものの、それが最も難しいのではあるが。

 悪いことを世の中のせいにしてもなんら事態は変わらない。むしろ、ふさぎこむばかりだ。好きなことをして、人に喜んでもらえる。この黄金の方程式を身につけたヤツはどんなに世の中が変わろうが、強い。

(081018 第72回 写真は横浜・山下公園での大道芸)

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ