多樂スパイス

ADVERTISING

美し人
美し人

都市の光

2016.04.16

プリント 日本家屋の室内を撮影し、そのなかの襖に別の場所で撮った風景写真を合成し、あたかも現代の襖絵のごとくに表現する作品を発表した写真家の若杉憲司さんを取材した。彼は若い時分より世界の辺境を旅し、素晴らしい風景写真をたくさん撮っている。かと思えば、マドンナ、リチャード・ブランソン、松本零士、浅田次郎、北方謙三、木村佳乃など、さまざまなジャンルの人たちのポートレートも撮っている。

 若杉さんが言った。
「本来、日本家屋は障子越しなどで自然光を採り入れ、畳に反射させて室内を浮き上がらせる柔らかい光に満ちていた。それが谷崎潤一郎の言う陰影礼賛でもあります」と。たしかに若杉さんの作品に写る光の陰影はゾクゾクするほど妖艶で、繊細だ。
市ヶ谷駅 今、日本の住宅にそういった柔らかい光はなくなってしまった。わが家にもそういう光はない。和室のある家屋であっても、照明が燦々と輝いている。
 特に都会において、その傾向は顕著だ。

 

 ただ、都市ならではの光の妙もある。東京駅のステーションビルと背後にそびえ立つ高層ビルの対比、皇居のお濠に映る近隣の建物の光、伊勢丹新宿本店の外観など、都市にはいろいろな顔がある。
 一方、市井の人々の日常の営みが現れている光もいい。ビルの窓、駅の構内、街灯……。
 馴染みの景色は、やがて心象風景になる。そう考えれば、日々、どういう光を見ているかで心の状態が変わっていくのだと思う。
 今後、照明デザイナーの役割はますます大きくなるにちがいない。
(160416 第630回 写真上は銀座和光、下はJR市ヶ谷駅。外堀に映る駅の構内の光がお気に入りだ) 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ