多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 人生を陸上のトラックに喩えると

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

人生を陸上のトラックに喩えると

2016.03.22

Chinomaからの風景 東京はコンクリートジャングルだと言われているが、緑はかなり偏在していて、あるところにはたくさんある。しかも、手入れが行き届いているため、立派な木々がたくさんある。

 自宅のすぐ近くには新宿御苑があり、これはもう植物の宝庫と言っていいし、少し歩けば明治神宮や代々木公園がある。時々、外苑方面を走る時は赤坂迎賓館から四谷、赤坂見附あたりまで足を伸ばす。その途中は、緑だらけだ。
 事務所(Chinoma)の最寄り駅はJR市ヶ谷駅で、降りてから7分程度、外堀通り沿いを歩く。桜が咲き、街路樹のトウカエデに葉っぱがつき始めるのももうすぐだ。
御苑千駄ヶ谷門 つまり、ずっと緑があるところで生活している。時々宇都宮の会社に行くと、むしろ緑が少ないなあと感じる。
 この歳になってくると、生活空間に緑がないと困る。とはいえ、雑然としている緑は嫌だ。
 そんなわけで今の生活環境は理想的だと思っている。欲を言えばきりがないが、共産党本部の屋上の赤旗が見えることだけは「画竜点睛を欠く」だ。

 

 人生を陸上のトラックだと仮定すると、私は第4コーナーの手前あたりを走っていると認識している。
 スタートしてから第1コーナーまでが学生時代。そこから社会人になり呻吟するが、起業と同時に第2コーナーを回り、無我夢中で直線を突っ走った。真ん中あたりで子供が生まれ、加速がつく。
 仕事もこなれ、会社も安定してきた頃に第3コーナーを回る。このあたりから、「私」の領域が減り、「公」の領域が増えてくる。『fooga』の刊行はそのシンボル的なものであり、出版事業を始めたのもそうだ。その後、中田宏氏との関わりから『Japanist』の創刊につながり、田口佳史先生という師に出会うことができたのも、多樂塾を始めて素晴らしい面々と学ぶ場が整ったのもこの時期。第4コーナーはもう目の前である。
 さて、第4コーナーを回ってからゴールまではどういう人生なのだろう。
 私のイメージは、より「個」を発揮する仕事の傾向が強くなり、それがひいては「公」につながるという流れである。もうすぐ57歳になるが、第4コーナーが訪れるのは60歳前後か。
 その後が長い。100歳まで現役で生きるとして、あと40年もある。
 と、こんなことを描いている。
(160322 第624回 写真上は市ヶ谷の外堀通り。下は新宿御苑千駄ヶ谷門付近)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ