多樂スパイス

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

美を創る人々

2015.10.28

4Cシルバー 「ニッポンの伝統工芸に出遭う」というイベントが青山や外苑近辺で行われている。エリアから少しはずれるが、松濤のフィアット&アルファロメオショールームで山中漆器とのコラボレーションがあったので出向いた。

 よくある赤塗りの漆器ではなく、工芸デザイナーを用いてつくった作品がいくつも並んで、それはそれで見応えはあったのだが、私の目はやはりアルファロメオに向いてしまった。
 4C(写真)。従来のアルファロメオのイメージといくぶん異なる。どちらかといえば、アルファロメオといえば「一般公道を走れるふつうのクルマ然としていながら、超個性的なクルマ」というイメージだと私は勝手に思っているが、4Cははなからスポーツカー然としている。従来、絶妙にまぶされていた〝日常感覚〟がほとんど払拭されている。そういう意味では、マセラティに近づいているモデルだとも言える。目の保養にはなったが、もちろん購入するわけではない。むしろ、来年か再来年に発表される予定(お店の人談)のスパイダーに期待したい。
 ところで、きわめて私的な話題だが、娘の就活にようやくピリオドが打たれた。働き始めるのは来年4月だから、初給料は4月下旬あたりだろうが、にもかかわらず、本人はもらった給料で何を買おうかと今から皮算用している。捕らぬタヌキの〜とならないことを祈るばかりだが、そこで娘が呟いた言葉にハッとした。
4C白 「欲しい物って、イタリア製ばかり。どうしてイタリア製って、みんなこんなにかっこいいのかな」
 プラダ、フェラガモ、ドルチェ&ガッバーナ、ブルガリ……。たしかにそう言われてみれば、イタリアもんは独特の存在感を放っている。
 そういう感懐は私も抱いていたのでフムフムとうなずいてしまった。車はその先鋒だし、サッカーナショナルチームのユニフォームなんかもイタリアのそれはダントツにかっこいい。
 ある人がこう言った。「地球上の人間には2種類ある。イタリア人とそれ以外と」と。美を創ることにかけ、イタリア人はなんらかの天賦の才を与えられていることは間違いないだろう。
 以前、ミラノで見た光景を思い出した。通りの向こうから70歳前後とおぼしきご婦人が颯爽と歩いてきたのだ。全身黒づくめに真っ赤なストールを粋にまとっている。〝年齢相応〟という感覚はもちあわせていないようだ。それくらいだから、背筋もシャキッと伸びている。

 アルファロメオに乗った若い警察官が車を降りるや、ドアミラーで髪型を整えている光景を見たこともある。アルファロメオの本社はミラノにあるので、パトカーももちろんアルファロメオなのだ。日本なら、さしずめ地味なオジサンが地味な風貌で生真面目に降りるところだろう。どっちがかっこいいと訊かれたら、「あっち」と答えてしまいそう。
 しかし、かっこいいのはわかったが、では他のことはどうなんだ? と疑問を抱く人も多いだろうが、これは言うまでもない。その他のことにかけては(料理と歌うことを除き)、どうしてこんなに……と呆れることが多い。人間とは摩訶不思議な生き物なのだ。
 ずいぶんとりとめのない話になってしまったが、民族性というのはいかんともしがたいものがあるようだ。われわれ日本人も、そういう意味では人後に落ちない。いい面と劣っている面が明らかにある。そういうことを自覚することも必要なのだろう。
(151028 第590回)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ