多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 原爆に負けない木

原爆に負けない木

2015.06.07

マルバヤナギ 前回に続き、広島ネタを。

 被爆の木として有名なアオギリの木がある。原爆投下後、「今後75年間、広島には草木も生えないだろう」と言われていた。しかし、爆心地から約1300メートル離れた場所に生えていたアオギリは、猛烈な爆風を受けて焼け焦げたにもかかわらず、なんと翌年、新しい芽を出したのである。その逞しい生命力に勇気づけられた広島市民も多いという。
 今回紹介するのは、そのアオギリの木ではない。広島城を見るため、城郭内に入ったとき、偶然、被爆した木を見つけたのである。ひとつはマルバヤナギ(写真上)。もうひとつはユーカリ(写真下)。いずれも爆心地から約750メートルの場所に生えていた木だ。
 間近で凝視した。そして、心の中で語りかけた。
「よく生き残れたね」
「もうダメかと思ったけど、信念岩をも通すだね」
「どんな信念があったの?」
「愚かな人間たちに戦争の悲惨さを伝えることだよ」
「戦争はなくなると思う?」
「人間が人間である限り、なくならないだろうね」

 

 その日の夕方、共産党が「戦争反対」署名運動をしていた。
被爆木ユーカリ これまでの歴史を見ればわかるが、共産党が平穏な社会を望んでいるはずがない。彼らは社会の転覆を謀り、自分たちの望む体制を築こうとしている。その後に待ち受けているのは弾圧であり、その結果、恐ろしいほどの格差が生まれ、自由を奪われるのは火を見るより明らか。
 しかし、弱者の味方を装い、しかも集団的自衛権行使容認という当たり前の法案にかこつけて平和の使者風を装っている。
 どうしてその欺瞞が見抜けないのだろうか。コロリとダマされてしまうのだろうか。北朝鮮や中国やロシアを見てほしい。かつてのソ連や東ドイツ、ルーマニアなどを見てほしい。共産主義がどれほど恐ろしいものかを知ってほしい。断言するが、共産党は反社会勢力だ。
 話は飛躍したが、「平和の使者」を語れるのは、共産党ではなく、冒頭のアオギリでありマルバヤナギでありユーカリであろう。
(150607 第560回)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ