多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 内なる声を聴く

ADVERTISING

美し人
ココロバエ

内なる声を聴く

2015.03.08

狩野智宏 前回に続き、次号『Japanist』の取材ネタを。

 ガラス造形作家の狩野智宏氏。母方の曾祖父は、あの狩野友信。言わずと知れた、狩野派の絵師だ。
 学校を卒業すると、狩野さんは日本画の世界ではなく、CF制作会社に入社する。当時、TV-CFをはじめ、広告は時代の花形であり、ダイナミックな生活文化だった。そこで業界一流の人間たちとモーレツに働き続けたが、過労がたたったのか、ある日、交通事故に巻き込まれる。
 病院のベッドで、狩野さんはその後の行く末を考えた。そして、自らの内なる声に従って、ガラス造形作家の道を歩むことを決意する。
「いまのままでいいのだろうか?」、こういった煩悶は、多くの人が抱えるものでもあるだろう。
 しかし、方向転換は大きなリスクと労力を要する。したがって、ほとんどの人が内なる声を聴こうとせず、心の耳を閉ざす。その後、無難な人生を歩んだとしても、ずっと頭の片隅に「後悔」という2文字が残るであろう。
 狩野さんは、じつに潔かった。しかも、容器など実用性ある作品ではなく、オブジェをつくろうと思い、それに徹した。下の作品『amorphous』は彼の代表作だが、見る角度や光の具合によって、さまざまに姿を変える。
 狩野さんは、すべてを人間の手業で御するという方法をとらず、ある部分は自然の動きに任せる。つまり、神人合作だ。それこそ、日本人の感性に合った制作スタイルだということをわきまえているのだ。だからなのか、ガラスという硬質で冷たい素材であるにもかかわらず、見ていて安らぎを覚える。
アモルファス「日本人は古来より、季節の中に時間軸を持っていた民族だと思う。だから本当は明治5年に導入したグレゴリオ暦というのは日本には合っていない。宇宙の法則を身近に感じ取れる能力を、日本人はもう一度取り戻さなければいけない。今の時代にこそ、こういう能力を持った日本人は世界で大きな役割を果たすと信じています」(狩野さん談)
 まさにそういうことなのだ。
 詳しくは次号の『Japanist』にて。16ページの記事でお届けする。
(150308 第547回 写真上は狩野智宏氏、下は彼の作品『amorphous』)

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ