多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > ジョギングコースの桜

ジョギングコースの桜

2008.04.06

 自宅から走って5分くらいのところに栃木県総合運動公園がある。お決まりのジョギングコースはそこで、私はそこを走るために近くに土地を買ったと言っていい。

 なんといっても、広い公園だ。概略図を見ると、ゆうに東京ドーム15個分くらいある。そこに陸上競技場、野球場3枚、飛び込み台付きのプール、相撲の土俵、テニスコート、ソフトボール場、サッカー場、ラグビー場などがあり、小さな遊園地もある。水生植物園やら沼やら1周1キロのジョギング専用コースやら、いろいろある。何よりいいのは、数え切れないほどの木々や花々が植えられ、季節ごとに千変万化すること。横浜は海があって丘があって、と起伏に富んでいるが、宇都宮は関東平野にあるため、「ひたすら平地です」といった地形である。だからこその特大公園なのだろう。

 ふだんはその公園内を縦横無尽に走るのだが、今日に限って走るのがもったいなくて、歩くことにした。理由は、桜がたくさん咲いているから。

 いいね。

 やっぱり桜は歩きながら見るのがいいみたいだ。遠くから見ると、蕾というか芯の部分のピンクがかすかに見えるためか薄いピンク色に見えるが、近づくとほとんど白に近い。そういう微妙な違いがなんとなくわかる。

 ところで、桜を描く画家はたくさんいるが、その中で最も好きな画家は加山又造。かがり火が妖しくメラメラ燃えるのを横目に嬉々と咲き狂う夜桜の絵にひれ伏して以来、その絵が脳裏に焼き付いて離れない。しかし一方、横山大観が朦朧体で描いた、つつましやかな桜も好きだ。ただし、中島千波はあまり好きではない。なんでだろう。ガツンとくるものがないし、ジワーっとくるものもない。

 とかなんとか言いながら、時々中島千波を見て、「こういうのもいいな」などと思うのだから、やはり私の言うことは信用しない方がいいと思う。

(080406 第44回 写真は総合運動公園内のジョギングコース )

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ