多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 椿座で知の世界に酔いしれて

椿座で知の世界に酔いしれて

2008.03.30

 椿座という文化サロンに出かけた。

 場所は世田谷にある北山ひとみさんの別邸「梅寿庵」。田園都市線の桜新町駅で降り、満開になっている深沢の桜並木を15分ほど歩くと、目指す場所に着く。周りは静かな佇まいの豪邸が多いが、その中でもひときわ異彩を放つ日本風の家屋がそれ。まるで、「そこだけ京都」という佇まいで、長い枝を重そうにしならせた老梅が主役となった庭は、まさしく都会のオアシスといっていい。

 サロンのテーマは、日本の歴史。それぞれの時代のキーパーソンを取り上げながら、日本の歴史を古代から追ってくるというシリーズの第4回目で、今回は幕末・明治、私がもっとも興味のある時代でもある。

 語り部は「知の巨人」という形容そのものといえる松岡正剛氏、ナビゲーターは資生堂の名誉会長・福原義春氏。ふたりの語りを3時間以上にわたって、ひたすら聞き続けるというサロンである。参加者は約30人、それぞれの分野で活躍されている、いわゆる「ひとかどの」人ばかりである。どうしてその中に私が入っているのか、本人もわからない。

 前々回もそうだったが、今回も時間を忘れて聞き惚れた。岩倉具視が明治維新で果たした役割の大きさに再認識させられたし、空海という坊さんの偉大さもわかった。日本人がどうして視察旅行が好きなのかも、チベットが中国に蹂躙されても日本の仏教界はなんら発言できない理由もわかった。

 松岡さんも福原さんも、ただモノを知っているという人ではない。膨大な知識の上に、自分なりの考察をまぶしている。だから、学校の講義のように退屈な話ではない。知性を磨くというのはこういうことか、と唸らされるのだ。

 途中の休憩には和菓子が、終了後には桜の花びらが散りばめられた濁り酒と春をイメージした弁当が供された。いつもながら、北山さんの演出はパーフェクトである。いったい、北山さんの感性はどうなっているんだ! とクレームをつけたくもなる。二期倶楽部も册も自宅も別邸も、それぞれに完成された空間で、非のうちどこがない。ちょっとはスキを作ってくださいよ、と言いたくもなる。しかし、北山さんはスキを作らないと思う。なぜなら、ダサイことが死ぬほど嫌いなのだから。

 しかし、ご本人はいたって愛嬌があり、自分が積み上げてきた「成果」との間には微妙な差異があるというのも事実。そのあたりは『fooga』の特集でも表現したつもりだが、それがまた魅力にもなっている。だからこそ、北山さんの周りには同じような波動をもった人たちがわんさと集まるのだろう。

(080330 第42回 写真は語り始める前の松岡正剛氏 )

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ