多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 引き算のセンス

ADVERTISING

ココロバエ
ココロバエ

引き算のセンス

2014.03.11

和紙の花器 先日、新宿高島屋でいけばな展を見てきた。

 200以上の作品が所狭しと並べられ、それはそれで「デパート文化」らしさを呈していた。花好きの私としては、ひとつひとつの花を眺め、気に入ったものは子細に見つめるだけで満足なのだが、やがて、花を扱う人間たちにはいくつかのタイプがあることがわかった。

 勝手ながら分類してみよう。

1 とにかく私は主張したいのだ。花はそのための道具なのだ、というタイプ

2 花の個性を生かし、自分の感性・技術と調和させるタイプ

3 花に感謝を捧げ、「活けさせていただきます」という心が表れたタイプ

4 花に力負けしてしまったタイプ

 という感じであろうか。

 案外、1が多かったのには驚いたが、それも当然といえば当然なのかも。なぜなら、自分を表現したくてあえていけばなをやっているはずだから。私がこのブログを書いたり、『Japanist』や本で表現するのと同じように。ただ、あからさまに自己主張の強い作品は、見ているだけで「ごちそうさまです」という気分になってくる。

 4は論外。しかし、哀しいかな、こういったグループ展は、いかに力量が劣っていてもお情けで出品させてもらえる。日本文化の脆弱なところだ。ほとんどの日本文化に共通するのだが、ある師匠について真面目に作品を作り続けていれば、作品の質の善し悪しにかかわらず、数年に一度は入選できるということを聞いたことがある。もし、そういうものを「恩情」とか「絆」と呼ぶのであれば、それはごまかし以外のなにものでもない。

 さて、この稿では、3について書いてみたい。

 過日、樹木医の塚本こなみさんと中田宏氏の対談を取材したが、そのときにも塚本さんがおっしゃっていた。「私が治してあげるという気持ちで臨むといい結果にならないが、私のような未熟な者でもお力になれるでしょうか。どうぞ、触らせてください」という気持ちで臨むと、樹木が本来の力を発揮してくれるようになるというのだ。

 さもありなんだと思った。それは人間関係においても同様のことがいえる。「オレがおまえたちを食べさせてやっている」「オレがおまえたちを雇っている」「オレがいるからおまえたちはなんとかやっていける」などと言いながら(あるいは、思いながら)人と接していたのでは、いい信頼関係を築くことはできないだろう。

 ところで、3についてであった。

 私はある作品の前で足が止まってしまい、しばし釘付けになってしまった。それが右上の写真である。撮影がへたくそでいまいちわかりにくいと思うが、要するに和紙を花器に見立て、その中に花を活けているのだ。もちろん、和紙のなかには薄いガラスの花器が入っている。作為もなにもなく、ただ、その花の美しさをひきたてるにはどうすればいいかと謙虚に考えた跡が漂っていた。おそらくこの人は、「あれもしたいこれもしたい、こんなこともやってみたい」と思ったはずだ。しかし、それらをすべて封印し、和紙の花器に活けただけ。まさに「引き算の美学」であろう。こういうセンスを学びたいと思っている。

 

 あれから3年が経った。合掌

(140311 第492回 写真上は和紙を花器に見立てたいけばな)

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ