多樂スパイス

輝けるテリー

2008.02.17

 去る2月10日、横浜メディアセンターで北原照久氏の還暦パーティーが行われ、光栄にも招待された私はノコノコと出かけていった。もちろん、北原さんのウルトラ・ポジティブ光線をたっぷり浴びるためだ。

 なにしろ北原さんは、60歳まではアイドリングで、ほんとうの人生は60歳から始まる、と広言して憚らない人である。世の還暦男性は、「オレもついに還暦かぁぁぁ〜」としなびたキュウリのようになっていく人が多いのに、北原さんときたら、朝一番からフルスロットルでエンジンを回しっぱなしである(もちろん、麻薬などの力を借りているわけではない)。かなり、盛り上がるのだろうなと予測をつけて行ったのだが、期待値を大幅に上回る熱気に、ただただ唖然とするばかりであった。

 なんとパーティーは、昼間と夜に分けた二部構成。合計何百名が集まったか見当がつかない。立錐の余地なしとまでは言わずとも、隙間はほとんどなし。

 パーティーが始まるや、北原さんは往年のグループサウンズの面々をバックに従え、ギターでお得意のベンチャーズナンバーを披露。それが写真の姿である。

 なんと眩しいことか! 笑顔が金色(こんじき)に輝いている。こんな嬉しそうな還暦人(かんれきびと)は、ニッポン広しと言えど、そうはいまい。

 その後、山崎ハコや杏里、中尾ミエ、森川ゆかり(漢字がわからない)など、さまざまなアーティストが代わるがわるマイクを持ち、北原さんにお祝いの歌を捧げていた。特に、山崎ハコの「横浜ホンキートンク・ブルース」はめちゃくちゃイカシていた。

 ところで、冒頭、あいさつに立った北原さんは、「還暦を機に、これからは社会貢献をしたい。まず手始めに、今日の会費すべてを社会福祉に寄付します」と宣言した。

 パーティーは6000円の会費制。それらを寄付し、パーティーの経費は自腹を切るというのだ。まさに、清々しい切腹という以外にない。よく、収益金の一部を○○に寄付します、というアナウンスを見るが、あれは嘘っぽい。いったい、いくらくらい寄付しているのかわからないし、どうしても偽善臭さが残ってしまうのだが、さすが北原さん、やることがスマートだ。

 途中、何度も思った。やっぱり人間は、明るく肯定的で前向きな人に惹かれていくのだ、と。

 今、その北原照久氏の本を制作中である。

(080217 第35回)

 

 

 

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ