多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 船村徹の本、始動す

ADVERTISING

ココロバエ
美し人

船村徹の本、始動す

2008.02.11

 いよいよ船村徹氏の本を作ることになった。

 題して『ニッポンよ、ニッポン人よ』(仮題)。

 タイトルから想像できるように、船村徹による日本、及び日本人への熱きメッセージである。

 

 船村先生が今までに残してきた功績を否定する人はいないだろう。しかし、氏の功績が作曲以外の多岐にわたっていることを知っている人は少ないかもしれない。だからこそ、船村氏の今までの来し方を総括しながら、それらをあますところなくまとめようと思っている。

 船村徹の功績と言えば、今までに作曲した6000曲以上に及ぶ「船村メロディー」がまず先頭にあげられるだろう。とりわけ、美空ひばりに提供した100近い曲は、戦後歌謡史に残る金字塔と言っていい。それらがどれほど凄まじい努力の賜か、『fooga』の特集でご紹介したことのある私はある程度知っているつもりである。

 さらに、作曲以外に特筆すべきことは、数十年もの間、内弟子を受け入れ、後進の指導にあたっていることだ。いや、後進の指導などという甘っちょろい表現は適切ではないかもしれない。四六時中生活をともにし、人間教育を施しているのだから。

 それはまさに「施し」という言葉がぴったりだと思う。なぜなら、そんな煩わしいことをあえてする必要など、船村先生には毛頭ないからだ。それでも、見込みのある若者を発掘し、ずっと内弟子として受け入れている。今までに数百人は下らないはずだ。たぶん、日本の教育に対するアンチテーゼも多く含まれていることと思う。今の教育の現場に任せていたら、とんでもないことになってしまう、と。

 今も3人の若者が、船村先生に師事している。彼らは料理をはじめ、身の回りの世話をなんでもする。自由時間はほとんどない。個室もないからプライバシーもない。寝る時は、3人で川の字になって寝る。

「ガールフレンドも作れなくて不自由を感じたことはないですか?」という下世話な質問にも、笑顔で「ないですね」と答える。目標があるから、不自由だと感じたことはないと言う。

 情けないほどの体たらくを晒している日本人が多いなか、これほど礼儀正しく、気配りが研ぎ澄まされている若者を見ることはなかなかできやしない。

 嬉しいことに、3人の内弟子のうち、一人が今秋デビューすることになった。内弟子となって9年目だ。よくぞ頑張った、と思う。彼の名は、走裕介。網走出身だから「走」。いいなあ、この安直さ。

 ところで、本の完成は、今年の6月12日の前を目指している。出版禁止用語がいくつも出るかもしれない。とんでもないエピソードが明かされるかもしれない。入魂の一冊を作るぞ! と気合い十分の高久である。

(080211 第34回  写真は、本の創作開始を機にゴング代わりに乾杯をする船村徹氏と筆者)

 

 

 

ADVERTISING

田口佳史講座ライブ配信
田口佳史講座ライブ配信

Profile

髙久多美男

髙久多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ