多樂スパイス
HOME > Chinoma > ブログ【多樂スパイス】 > 苦しみと引き換えに得たものは

苦しみと引き換えに得たものは

2013.08.13

ゼーゼー 夏恒例の登山に行った。今回は北アルプスの蝶ヶ岳山頂で一泊し、翌日、常念岳へ縦走し、前常念岳を経て下山するというコースを予定したが、結果から先に書くと、常念岳登頂は叶わなかった。

 事の発端は、出発する前日、都内から宇都宮へ移動したことだった。宇都宮でカズオ氏と合流し、車ででかけるのでそうするのだが、電車の中が異常に寒く、そのため風邪気味になってしまった。

 とにかく寒い。その日は朝から猛暑と予想されていたのでJRも気合いが入っていたのかもしれない。くわえて、時間帯の関係か、私が座った湘南新宿ラインのグリーン車は乗客がまばら。車内はキンキンに冷えていた。

 数十分もすると、体は冷え、たまらず乗務員に温度を下げてほしいと懇願するものの、なかなか温度は上がらず、結局、宇都宮に着いたときは体が芯から冷え切り、ブルブルと震えるような始末。すぐさま吉野家に入り、熱々の味噌汁を飲んだが、それでも冷え切った体はすぐには回復しなかった。

 翌朝、起きたとき、ヘンだなと思った。節々が痛いのだ。

 カズオさんと合流し、出発するやいなや、こんどは寒気がしてきた。外は猛暑なのに寒い。しかたなく長袖のシャツを羽織り、途中、スタミナドリンクを飲み(不本意なのだが)、ひたすら汗をかきながら運転を続けた。

 その日の宿は安曇野のリゾートホテル。階段を少し昇っただけで息がゼーゼーする。でも、一晩眠れば治るものと高をくくっていた。

 そして、翌朝、すっかり治ったと思った。だが、それは気のせいだった。

 三股登山口から登り始めるや、すぐ息があがってしまった。まだ、数百メートルしか登っていないのに。

 それから蝶ヶ岳までの約5時間は、まさに地獄だった。少し歩いてはゼーゼーしている息を整える。立っているのもままならず、手を膝に置いて体力の回復を待つ。汗は滝のように流れた。

 蝶ヶ岳は標高2667メートル。大したことのない山だと思っていたが、甘かった。特に、弱った体にはきつかった。行けども行けども登りの連続。途中、平坦な道がごくわずかしかない。〝一行三昧〟と心に念じ、この苦しさも一期一会、どんな状況でも楽しむのがモットーではなかったのか? と自問自答しながら歩みを進めた。

穂高連峰 沢沿いの道をひたすら登り、ハイマツの樹木帯を抜けると、ある瞬間、視界が開け、青空のなかに槍ヶ岳の頂上部が姿を現した。まるで下から空を切り裂くように。続いて、穂高連峰がゆっくり全貌を現す。

 そのときの感動をどう表現すればいいのだろう。まさに、その絶景を見るために登ったのだった。

 今回の登山は想定外の苦しさを味わったが、登っている途中、JRに虐められてすっかり弱ってしまった私の体を、ずっと清涼な風が癒してくれていた。おそらく、あの風がなかったら、途中で茹で上がり、倒れてしまったかもしれない。

 それにしてもJRよ、車内を冷蔵庫みたいにしていったい何が嬉しいのか。

 (130813 第445回 写真は、苦しみに悶絶する筆者(上)と蝶ヶ岳から見た穂高連峰(下)。左から前穂高、奥穂高、北穂高、涸沢、そして槍ヶ岳)

Profile

高久多美男

高久 多美男

(撮影:森 日出夫)

●1959年生まれ

●1987年、広告の企画・制作を営む株式会社コンパス・ポイントを設立

●2009年、『Japanist』を編集・発行するジャパニスト株式会社を設立(2019年1月、刊行終了)

●「遊び、学び、仕事は皆同じ」がモットー。すべからく本質を求める

■本は永遠の師匠

19世紀フランス文学から20世紀アメリカ文学、さらには現代日本文学。歴史(特に日本近代史)、あらゆる生活・芸術分野から政治・経済の分野まで、本には強いな愛着を示す

■No Music, No Life

あらゆるクラシック音楽と1950年代以降のジャズ、R&B、60年代以降のロック、ワールドミュージックなど、とにかく雑食

■生涯、美を求めたい

桃山から江戸にかけての日本美術、岡倉天心一派以降の近代絵画を特に好む。ヨーロッパの近代絵画など、こちらも雑食

■敬愛する歴史上の人物

尊敬する人物は大久保利通。ほかに幕末から明治にかけて活躍した男たち。戦国武将では武田信玄、戦後の政治家では岸信介

■思索の遊び

禅、儒学、老荘思想、マキャヴェリズムを組み合わせながら、独自の思想を構築中

■いやなもの

共産主義や日教組などの極端な左翼思想(極端な右翼も嫌い)、地球市民幻想、新興宗教

■その他

日常的に走る他、毎年夏、山に登る。体型はずっと変わらず。便利なことよりも美しさに価値を見いだす

多樂塾

SPONSORED LINK

ココロバエ

Topics

記事一覧へ
Recommend Contents
このページのトップへ